ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

刑事手続に付随する損害賠償命令手続は、戦前にも存在した?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Q.

 犯罪被害者等の権利利益の保護を図るための刑事手続に付随する措置に関する法律は、23条で損害賠償命令手続を定めていますが、刑事手続中において、当該犯罪に関する民事上の請求を許すというような制度は、戦前にも存在したのでしょうか?
(1)存在した
(2)存在していなかった

A.

正解(1)存在した

 戦前の旧刑事訴訟法は、附帯私訴という制度を設けていました。
 これは、刑事裁判に関してその被告事件から生じた民事上の請求についても、刑事事件と併せて審理・裁判をするというもので、厳密にいえば、犯罪被害者等の権利利益の保護を図るための刑事手続に付随する措置に関する法律23条の制度とは異なるものの、ほぼ似たような制度でした。

元記事

刑事手続に付随する損害賠償命令手続は、戦前にも存在した?

関連情報

振り込め詐欺で振り込んでしまったお金を取り戻すには?(なっとく法律相談)
被害弁償したのに告訴された!(なっとく法律相談)
刑事罰が下る前に民事調停を成立させると不利?(なっとく法律相談)

法、納得!どっとこむの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP