ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ログブックを見ながら確認!家族旅行で気をつけたい4つのこと

DATE:
  • ガジェット通信を≫

こんにちは。Compathy MagazineライターのSeinaです。
子供と一緒に旅行をする際に気をつけたいポイントはいくつかあります。素敵な家族旅行のログブックを見ながらそのポイントを確認しましょう。

水分補給に注意しよう


真夏以外でも旅行中の水分補給は気をつけなくてはいけない重要なポイントです。Accoさんのログブック「子連れやんばる旅」では、お子さんがお気に入りのグアバ茶を持っているとてもかわいい写真があります。このようにお子様自身の「虫歯の心配がないお気に入りの味」のお茶が決まっていると水分補給がスムーズです。旅の前にお気に入りのお茶を見つけておきましょう!

子供の乗り物移動では万全の対策を


Mizittieさんのログブック「子連れGuam里帰りの旅」では、お子さんがグアム国際空港で楽しそうに歩いています。赤ちゃんと一緒の飛行機移動はそれなりに苦労するものです。

深夜便を使えばいいのか、それとも昼便のほうがいいのか。悩みは尽きないと思います。これは赤ちゃんの眠り方にもよるので一概に「どちらがいい」とは言えません。そして歩けるようになったお子さんの場合はどの時間帯でも「搭乗前にたくさん歩かせておく」「搭乗直前に食べすぎない、飲みすぎない」「オムツ替えやトイレは済ませておく」などが重要です。

あと忘れてはならないのが「親の着替えを用意すること」。どんなに対策をしたとしても小さなお子さんの場合、乗り物に乗車中に何かの拍子で嘔吐してしまうことは十分にありえます。その際に「子供の着替え」は用意していると思うのですが、案外忘れがちなのが「抱っこしている人の着替え」です。派手にやられるとすごいことになります。なのでぜひ親の着替えも手荷物に入れてください。

使えるものは何でも使おう


Satoko Nishiyama Fujiokaさんのログブック「Airbnbで暮らすように旅をしたローカルなデンマークの日常。」では、子連れ旅を自分のポリシーと共にどこまで快適にできるか様々な挑戦をしています。子連れOKはまだしも「低床ベッド、ベビーベッド、子ども用補助トイレ、おもちゃや絵本があるホスト」なんて条件があるのかと、Airbnbが未体験だと想像もできませんがある場所にはあるんですね!

そして自転車を借りることもできたようです。3歳と0歳のお子さんを連れての旅だそうですが旅の途中で「ここに自転車があったら便利だろうな」と感じた経験をお持ちのお父さんお母さんは多いと思います。

リクエストできるものはなるべく探し、使えるものは何でも使う。これが子供連れの旅をより楽しむポイントでしょう。

子供の面白ポイントも取り入れよう

旅行となると大人自身がついつい盛り上がってしまい、子供の面白ポイントを忘れてしまいがちです。ぜひ、子供も楽しめるポイントも取り入れましょう。しかしそのポイントは「子供向けの遊園地」や「公園」でなくてもいいと思うのです。

VERSACEさんはにカリフォルニアに旅行中、子どもたちと一緒にオープンハウス巡りをしました。彼女のログブック「カルフォルニア不動産視察」を見た子供は皆「こんな場所に行ってみたい!」と心ときめかすことでしょう。そこには子供も楽しめるような家がたくさんありました。

最後に

家族旅行と言ってもスタイルは様々です。道中、そして帰宅のときに笑顔の時間がより長くなるように最善の対策をとりましょう。

家族旅行へ行く前に、実名制の旅行記Compathyで「行ってみたい!」ところをチェック! (「行ってみたい!」の使い方はこちら)。

ライター:Seina Morisako

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP