ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

元フジテレビ・近藤サト 「天の声」でテレビ復帰

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 一昔前なら、寿退社した女子アナは“内助の功”に徹し、再び表舞台に出てくる人は少なかった。松坂大輔の妻・柴田倫世などがその代表格か。しかし近年、結婚後もテレビに出まくる女子アナが増えている。どうやら背景にはそれぞれ複雑な事情があるようだ。

 2006年にフジテレビ・和田圭編集委員と離婚した有賀さつき(51)はクイズ番組の“高学歴キャラ”で奮闘中だ。

「復帰当初は拘束時間の短い通販番組などに絞っていたけど、一人娘が乗馬を始めてから、収録時間の長いバラエティ番組にも進出しました。娘の望む“習いごと”は思い切りやらせたいという親心のようです」(有賀の知人)

 1980年代に“ひょうきんアナ”として一世を風靡した寺田理恵子(55)は、NEC元会長の長男と結婚したが2012年に死別した。

「相当な遺産があったようですが、娘の歌手デビューを巡るトラブルが起こるなど、私生活ではゴタゴタが続きました。2014年、懇意にする生島ヒロシ(65)に背中を押され、彼のラジオ番組のアシスタントとして、14年ぶりに現場復帰を果たした」(フジ関係者)

 画面にはあまり姿を見せず、“意外なかたち”で復帰しているのが近藤サト(48)。故・坂東三津五郎と離婚後、2003年にイルミネーションプロデューサーと再婚し、翌年には男児を出産した。

「画面には映っていませんが、“天の声”としてテレビ復帰している。落ち着いた声と高いアナウンス力を武器に『ビートたけしのTVタックル』(テレ朝系)、『有吉反省会』(日テレ系)など、数多くの人気番組でナレーションを務めています。

 母校の日大芸術学部で特任教授として教壇に立ち、収入はフジ時代と遜色ないでしょう。再婚当初はセレブ婚と騒がれましたが、旦那さんの事業に昔ほどの勢いがないため、家計を助けるために彼女は働いているようです」(近藤の知人)

※週刊ポスト2016年11月11日号

【関連記事】
出産後スピード復帰の高島彩に「究極の勝ち組ママ」評
永島優美アナ テレ朝の内定獲得も悩んだ末にフジテレビ入社
顎関節症から復帰の日テレ宮崎アナ 妙なところで評価あがる

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP