ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

SMAP聖地旅館 ファンの熱意に心打たれ署名活動に協力

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 大阪市福島区にあるお好み焼き店『かく庄』は、SMAPファンの間で“聖地”となっている。2013年に放送された『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)の「はじめてのSMAP5人旅」という企画で、5人がこの店を訪れたからだ。

 そして、SMAPの存続を願うファンたちは10月末まで『5☆SMILE PROJECT』という署名活動を行っており、その署名用紙が『かく庄』に置かれていたのだ。

 さらに、『かく庄』から電車で1時間半ほど。もう1つの“聖地”にも署名用紙が置かれていた。5人旅の序盤で稲垣吾郎(42才)がガイドブックを見て、その場で携帯から予約を入れた、創業700年の老舗旅館『有馬温泉 兵衛向陽閣』(神戸・北区)だ。

 露天風呂に5人一緒に入り、卓球の後はカラオケ…。あまりに仲睦まじい様子は、今でもファンの間で語り草となっている。

 用紙を置くようになった理由を、「ファンの熱意に心を打たれたから」と言うのは同旅館の広報担当者。

「何度も来館くださって、“ぜひ置かせてください”とお話がありましたので。ただ、あくまで問い合わせがあったら、用紙をお出しするということになりました」

 その日、SMAPが泊まったのは、優雅な庭園が望める、同旅館最高級の特別室『老おい松まつ』。オンエアされていない部分でも、彼らは“国民的スター”だったという。

「当日居合わせたお客様も相当びっくりされて、“きゃーっ”となったんですが、SMAPさん、自ら握手されたり、丁寧に対応されていらっしゃいました。われわれスタッフにも、“有馬温泉の効能はどんなのですか?”など気さくに話しかけてくださいましたよ。中居さんは翌年、『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ系)でもナインティナインさんとお越しいただき、ありがたいですよね。私が言うのもおこがましいですが、報道を聞いて残念です。またSMAPさん5人でお越しいただきたいと思っていますので」(同前)

 この旅館を訪れるファンは、館内にあるカラオケで、彼らがその日やったようにSMAPメドレーを歌う。そして中居が号泣したあの曲を歌って、涙する。それは森且行脱退の時と、稲垣の復帰した時にだけ歌われた『BEST FRIEND』。

 11月1日──ファンにとってこの日は、CDデビュー日である9月9日に続く「SMAPの日」。『5☆SMILE PROJECT』が署名を集約し事務所に提出する一方、ファンは全国紙のジャックを計画していた。あるファン(54才、ファン歴24年)が言う。

「ここ最近、メンバーは続けざまに体調不良を訴えているんです。中居くんは自律神経の乱れなのか、収録が始まって15分くらい猛烈な汗をかくそうで、“自分に負荷をかけて生活しているから”ってこぼしているし、タフな木村くんも風邪で3日寝込んだっていうし、慎吾もラジオで鼻声でした…。私たちの声で少しでも彼らが元気になってもらえたらいいなって。…ちょっと図々しいですかね?」

※女性セブン2016年11月17日号

【関連記事】
SAPIO大好評連載・業田良家氏4コママンガ 「謝罪会見」
SMAP騒動に他グループファン「派閥崩壊の影響が不安」
SMAP存続 嵐・関ジャニ∞ファンから共演期待する声も

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP