ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「白ヘビ」は飼い主が想定できるので「落とし物」と判定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 さかのぼること1か月前の10月2日、群馬県前橋市の側溝に白いヘビがいるのを地元住民が発見。駆けつけた警察官によって、「落とし物」として処理された。

 それからわずか2週間後、今度は宮城県白石市に、長さ15m、幅1mの円柱のバルーンが落ちてきた。中には北朝鮮の朝鮮労働党委員長・金正恩氏(32才)の写真と北朝鮮の批判、そしてなぜか『辛ラーメン』が1パック。これも「落とし物」として警察へ──。

 これらの風変わりな“落とし物”はニュースになったが、日々届けられる膨大な落とし物は人目に触れず淡々と処理されていく。その数、実に1日5万点以上。どんなものがどう落とされ、どんな道をたどって落とし主に届くのか。あるいは届かないならば最後はどうなるのか。

 年々増えゆく、膨大な「落とし物」を追うと見えてきたのは──。

◆白いヘビとバルーン。落とし物の境界線

「白いヘビは幸運をもたらすといわれているので、事件事故が1件でも減ればいいですね。地域の安全や安心が守られるといいですね」

 そう言って笑うのは、白いヘビを「落とし物」として処理した前橋東署の署員。最初の通報は「駆除依頼」だったそうだ。

「住民から“生きたヘビがいるので駆除してほしい”と通報があり、署員2名が現場に駆けつけ、紙袋を使って捕まえました。もちろんヘビを落とし物扱いにするなんてこれが初めて。山間部に行けばアオダイショウとかシマヘビとか、珍しいことではありませんから。これまでもヘビに関する通報はありましたが、それは例えば“自宅にヘビがいるから捕獲してほしい”といった内容です。そういう場合はヘビを捕獲して、排除する対応をしています。

 しかし今回は珍しい“白いヘビ”だったからペットの可能性があるということで、拾得物として扱いました」(前出・前橋東署署員)

 生き物を落とし物だと判断するポイントは、「飼い主」、つまり「落とし主」が想定できるかどうか。例えば、同じ鳥類でもセキセイインコならば、ペットだと思われるので「落とし物」になるが、カラスやスズメは駆除の対象になる。

 遺失物法により、2週間の公告期間中に所有者が判明しない生き物は、動物愛護団体など適切な管理者に引き渡すことになっている。白いヘビも同様で、現在、「ヘビは適切に管理してくれるところに引き取っていただいた」(前出・前橋東署署員)とのこと。

 一方、宮城県白石市に落ちて来たバルーンのように、明らかに落とし主が出て来ないと思われるものも、落とし物として処理されている。白石署の署員が言う。

「バルーンに入っていたメモにはハングルで“人民が飢えているのに金正恩だけこんなに太って“といった内容の批判がびっしり書かれていました。ラーメンはおそらく、“韓国にはこんなにおいしいものもあるんだよ”という意味でしょう。

 だから状況的に、韓国辺りから北朝鮮に飛ばそうとしたものが、偏西風に乗って日本に来てしまったのだろうと想像できるのですが、必ずしもそうだと断言できないので、拾得物として扱っています」

 最終的に、所有者が見つからない場合は廃棄処分になる。こんなきめ細やかな対応こそ、日本に来た外国人を「さすがおもてなしの国」と感動させている。

※女性セブン2016年11月17日号

【関連記事】
大型ヘビに巻き付かれたムツゴロウ氏 一命を取り留めた理由
ヘビパワー利用した金運UP法 弁財天の水を飲む、持ち帰る
中村倫也、佐々木希、市原隼人、木村佳乃らが勢ぞろい!

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP