ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

厚労省調査 健康寿命No.1は鰻とお茶の消費多い浜松

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 日本は寿命こそ世界トップクラスだが、認知症や寝たきりになる人が多く、健康寿命(日常生活に制限のない期間)はそれほど長くない。理由は塩分の摂取量が多いからで、脳卒中や骨粗鬆症などを発症する人が多いからだ。

 健康長寿のためには、イソフラボンを摂れる大豆、タウリンを摂れる魚、カリウムや食物繊維のある野菜や果物、ミネラル類を摂れるヨーグルトなどの摂取が鍵を握る。こうした食材の摂取量は、日本国内でも地域によって差があり、それが都道府県ごとの健康寿命の差に現われていると考えられる。

 食文化史研究家で綜合長寿食研究所所長の永山久夫氏は、国内の“長寿村”と呼ばれる地域の食生活を長年にわたり調査している。

「厚労省の研究班が全国20大都市の健康寿命を調査したデータによると健康寿命ナンバーワンは浜松でした。お茶とウナギの消費量が非常に多い地域です」(永山氏)

 緑茶については、ポリフェノールの一種であるカテキンが含まれていて、血圧降下作用や血中コレステロールの調整作用、血糖値調節作用、抗酸化作用などがあるとされている。

「ウナギは魚の範疇に入りますが、オメガ3系の必須脂肪酸であるDHAとEPAが豊富に含まれている。これらは健康に良い脂で、体細胞だけではなく脳細胞の老化を防ぐ効果があります」(同前)

 ただ、ウナギは絶滅危惧種に指定され、価格は文字通り“うなぎ登り”。気軽に食べられるものではなくなりつつある。そこで永山氏が勧めるのは、「鮭」だという。

「鮭にもDHA、EPAが含まれますが、身の赤い色素は『アスタキサンチン』といい、抗酸化作用が高い。私は福島県の鮭が遡上する川の近くで育ちましたから、鮭を毎年食べていました。焼いた骨はお湯をかけて食べるとカルシウムも摂れ、高齢者の大敵になる骨粗鬆症の予防にもなる。鮭は捨てるところがまったくない長寿食だと思います」

 丸ごと食べると効果的で、骨を食べる際は、焼いた後、レモンを絞るといいという。

「コラーゲンはビタミンCと一緒に摂ると、吸収率が高くなります。頭や尻尾などは煮込んでガラスープにして飲む。身のたんぱく質が分解されてアミノ酸になり、コラーゲンを含むスタミナドリンクのようなスープになります」(永山氏)

※週刊ポスト2016年11月11日号

【関連記事】
健康寿命日本一は山梨 沖縄は不健康化が急速に進む
日本人の「平均健康寿命」 実際の寿命と比べて10歳程度の差
健康寿命1位の浜松市 担当者「緑茶や鰻原因と断言できぬ」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP