ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

気になるおでこニキビ!原因・対策・隠し方を徹底解説

  • ガジェット通信を≫


朝起きると、ぽっこり膨らんで赤くなっていたおでこニキビ。皆さんも美容面を気にして、苦労されたことがあるのではないでしょうか。

また、おでこニキビは体調不良のサインということも考えられます。要警戒のおでこニキビをじっくりと解説していきます。

要チェック項目

□おでこニキビは毛穴の炎症が原因

□肌の脂分過剰を避けることが大切

□苦労する前に早めの対処で芽を摘むべきである

おでこニキビ発生の仕組みとは?

厄介者のおでこニキビはそもそもどのようにして発生するのでしょうか? 実はニキビの発生には菌が関わっていることが多いのです。おでこニキビの原因菌として代表的なものにアクネ菌があります。

この菌は皮脂など脂分を栄養に、みるみる内に増殖していきます。そうして人の免疫力に勝る程に数を増したアクネ菌は毛穴に侵入し、炎症を発生させます。

炎症の結果こそ私たちがニキビと認識するものなのです。また、毛穴が汚れで詰まってしまうと菌がより繁殖するため、ニキビはさらに大きく赤く、痛みも強くなっていきます。これがおでこニキビ発生から完成までの最も多いパターンです。

おでこニキビを引き起こす環境


誤解されがちですが、洗顔を丁寧に行うなど清潔を心掛けている人にもおでこニキビができてしまうことがあります。人間の肌には元々ニキビの温床となり得る多くの脂分が含まれているからです。

しかし、仮に肌から多くの脂分が無くなってしまえば、今度は肌が乾燥し肌荒れの原因となります。そのため、私たちはニキビが生まれない、肌も乾燥しない適切な脂分の量を保持しなければならないということになります。

多くの人は体の機能により自然とそれができているのですが、ニキビができてしまう人は何らかの理由でその脂分のバランスが崩れてしまっていることが多いです。以下に具体例を記載します。

ホルモンバランスの乱れ

男性が成長期を迎えた場合や男女問わず体調が変化した場合など、体内の男性ホルモンが大きく優位になることがあります。

そうなると、自然に肌の皮脂分泌量が増加し、結果としてニキビの生まれやすい環境である脂分過剰の状態になります。

化粧品の付け過ぎ、落とし忘れ

化粧品には意外な程に多くの脂分が含まれていることがあります。そのため、化粧品を付け過ぎたり、うっかり化粧落としをしないまま寝てしまったりすると脂分が肌に移ってしまい、脂分過剰の状態になることがあります。

おでこニキビを予防するには

痛みや見た目の問題など、おでこニキビはできてからでは遅いことも多いです。そのため、日頃から予防やケアを心掛けることが必要になります。対策別にご紹介していきます。

皮脂量の調節

人より脂分が多い体質であると感じる人やホルモンの影響により皮脂の量が増えている自覚のある人は、通常より徹底して洗顔を行いましょう。

その際に大事なのがお風呂で洗顔をする場合には、洗髪の後に洗顔を行うということです。洗顔を先にしてしまうと洗髪で流れてきた髪の脂が顔に残ってしまいます。

そうなっては顔が皮脂過剰の状態になりやすくなってしまいますので、順番にはくれぐれも気を付けることが肝要です。

免疫力の強化

ニキビは菌の繁殖が原因ですから、菌が増えないように抑え込むことができれば発生を予防できます。菌に対抗するための免疫力を高めるべく、ビタミンや食物繊維など体の元気を保持する栄養素を意識して摂取しましょう。

外的刺激を避ける

常に何かが触れている、という状態は肌の炎症を誘発します。そのため、例えば髪の毛がおでこに触れる髪型ばかりしていると炎症が起きやすくなり、その結果おでこニキビが発生しやすくなると考えられています。

おしゃれの面など苦労があるかとは思いますが、たまには風通しの良い髪型にしてみることも大切です。

おでこニキビを軽症にするために

頑張って予防していても、どうしてもおでこニキビができてしまって困るということもあると思います。そういう時にはせめて痛みを軽減したり、赤みが出ないようにしたいという人も少なくないでしょう。

そこで知っておいていただきたいことはニキビには普段見慣れている赤いニキビの前に、白ニキビというニキビの芽のようなものが現れる段階があるということです。

この白ニキビの段階で気付いて洗顔や薬で抑え込むことができれば、症状の進行を抑えられたり、赤いニキビになってしまった場合でも痛みや赤みを軽く済ませることができます。

白ニキビは普通のニキビより小さくて目立たない針の先のようなものですが、おでこをよく観察していれば見付けることは可能です。

仮におでこニキビの発生を完全に抑止できずとも、こういったことに気を配っていれば症状を軽く済ませることができるのです。

おでこニキビの隠し方

おでこニキビを予防できず、さらに早期に気付くこともできずに赤いニキビが完成されてしまった場合には治るまで付き合っていくしかありません。

しかし、ぽっこり赤くなったおでこニキビが人目に触れるのは恥ずかしいという人も多いでしょう。その場合に役立つ、おでこニキビの隠し方を以下にご紹介します。参考にしてみてください。

化粧品のファンデーションやコンシーラーを使う

シミなどを消すために用いられるファンデーションやコンシーラーですが、ニキビのような突起物でも意外と目立たないようにすることができます。

最近は男性が化粧品を用いることも少なくなってきているようですので、男女問わず利用できる隠し方とも言えるでしょう。

しかし、化粧品でニキビを覆ってしまうと原因菌の繁殖や炎症の悪化を招くため、家に帰ったらすぐに落とすなど注意して使う必要があります。

髪型を工夫して隠す

ある程度の髪の長さが必要なため人を選ぶ方法ではありますが、例えば分け目を変えるだけでもおでこニキビは隠せることがあります。

違和感無く髪型を変えるために、ヘアピンなどを活用するのも良いでしょう。ただし、髪がニキビを刺激してしまう可能性がありますので、人目に触れない場所ではおでこを出すなど対策を忘れないようにしてください。

メガネなど小物を利用する

おでこニキビの場所によってはメガネがニキビを隠す役に立つこともあります。昨今は伊達メガネを身に着ける人も多くなっていますので、おしゃれ感覚でメガネを掛け、ニキビを多少でも隠すことができればデメリットはありません。

完全に隠すことは難しくとも、たった一つのメガネが心理面で大きな違いを生むことはままあるでしょう。

厄介なおでこニキビには先手先手の対策を

一度発生すると隠しながら治りを待つしかなくなる厄介者、おでこニキビ。痛みや赤く目立つ見た目は嫌な人はどうしても嫌なものです。

できやすい自覚のある人は知識を蓄えておき、日々の予防から早期の対応など先手先手で対応することが重要です。

(監修:Doctors Me 医師)

関連記事リンク(外部サイト)

フェイスラインのニキビを撃退!「大人ニキビ」に効く治療法とは
ニキビ跡やシミが気になる人必見!ニキビの基礎知識と改善方法
男性のニキビ…これって何が原因? 対処法も知りたい!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP