ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

子供から大人まで!耳が痛い時にすぐ疑うべき5つの病気

  • ガジェット通信を≫


耳が痛くなったことのある人って、誰でも一度や二度はあるのではないでしょうか。

耳かきで傷つけてしまうようなこともあれば、思ってもみない疾患の可能性もあります。

では、どんな疾患の可能性があるのでしょうか。

要チェック項目

□耳が痛い原因は細菌やウィルス、筋肉や神経由来まで様々である

□子供は中耳炎、若い女性は顎関節症になりやすい

□耳が痛い時には速やかに医療機関を受診して原因を特定、治療すべきである

中耳炎

特に小さい子供によく見られる疾患で、風邪などによるバイ菌が、鼻の奥から耳管を通して耳へと至り、中耳(鼓膜の奥にある部分)に膿がたまって炎症を起こす疾患です。

子供は、鼻と耳の間が短いので罹りやすいということです。非常に痛いのが特徴です。

滲出性中耳炎

やはり小さい子供によく見られる疾患で、鼓膜の奥にある中耳に滲出液がたまることによって起こります。慢性副鼻腔炎ややアレルギー性鼻炎、鼻の奥にあるアデノイドが大きい場合にもなることがあるということです。

滲出性中耳炎の厄介なところは、急性中耳炎のように痛みが無いので発見が遅れて、真珠腫や癒着性中耳炎というさらに治りにくい中耳炎になってしまう恐れがある点です。

お子さんが呼びかけに反応しなかったり、テレビの音が大きい時などは要注意です。

慢性中耳炎

慢性中耳炎は、大きく分けて慢性化膿性中耳炎と、真珠腫の2つに分類されます。難聴や耳だれといった症状が現れる他、めまいや顔面神経麻痺、髄膜炎などを起こすこともあります。

特に真珠腫は、骨を溶かしてしまうので注意が必要です。

治療法

抗生物質を飲んだり、点耳薬といって耳に直接薬を入れて治療をします。また、膿がひどくたまっている場合には、鼓膜を切開して膿を吸い出します。子供の場合は、鼻の治療も並行して行います。

外耳炎

外耳とは、耳の入り口から鼓膜までの間のことで、耳掃除の時に強くひっかいて傷をつけたり、プールで泳いだ時に傷口からバイ菌が入ることによって炎症を起こしたり腫れたりします。

症状

耳の痛みがあるほか、耳閉感(耳が詰まった感じ)や耳だれ、耳がかゆかったり聞こえにくくなることもあります。

治療法

抗生物質や痛み止めを飲んだり、点耳薬が処方されることとなります。

おたふく風邪

おたふく風邪は流行性耳下腺炎とも呼ばれており、ムンプス(おたふくかぜ)ウィルスに感染することで耳の下にある耳下腺が腫れて炎症を起こす疾患として知られています。

症状

おたふく風邪の症状は耳の痛みから始まって、高熱や頭痛、嘔吐や食欲不振などが現れます。また、稀ではありますが、脳炎や難聴などが現れることがあるので要注意です。

治療法

おたふく風邪はウィルスによる感染症なので特効薬などはなく、症状に応じた治療が行われることとなります。すなわち、高熱が続く場合には解熱剤、痛みがひどい場合には痛みどめが処方されるといった具合です。

顎関節症

顎関節症(がくかんせつしょう)は、20-30代または50代の、比較的女性に多く見られる疾患です。

ハッキリとした原因はよく分かっていないのですが、咬み合わせが悪いことが問題だとか、筋肉の緊張が問題だというふうに考えられています。

症状

顎関節症の症状は、ものを噛む時に痛みが出たり、口が開けづらくなったり(開口障害)、口を大きくあける時にジャリジャリと変な音がする(関節雑音)というのが顎関節症の三大症状と言われています。

顎関節症が進行してくると、食事が困難になったり、耳の周囲にも痛みが出ることがあります。

治療法

顎関節症になった場合、以前は歯科でマウスピースを作ってもらい、顎への負担を減らすことが行われていました。

ただ、寝ている間にもマウスピースをつけるよう指導されるのですが、それ自体がストレスになってしまうこともあります。

顎関節症は名前からも分かるように、関節に現れる症状なので、顎関節周囲の血行を改善したり、筋肉をゆるめることによって症状が改善することもあるようです。

三叉神経痛

三叉神経は、脳神経の5番目の神経で、顔面の感覚を脳に伝える役割があります。三叉神経は上顎神経と下顎神経、そして眼神経の3本に分枝しており、その内のいずれかに症状が現れる疾患のことを三叉神経痛と呼んでいます。

症状

三叉神経痛の特徴は、顔面の片側に電激痛とも言われる激しい痛みが現れることです。

三叉神経の根元にある血管が圧迫されることでこのような症状が出るのですが、顔を触ったり動かすだけでも痛みが出るため、食事もままならなくなってしまいます。

治療法

三叉神経痛治療は、カルバマゼピンをはじめとした抗けいれん薬を内服して治療を行うことになります。それでも改善しない場合には、手術や放射線治療、神経ブロックなどが行われるということです。

耳が痛くなったらまずは病院を受診しましょう

耳が痛い時に考えられる病気を紹介してきましたが、原因はウィルスや細菌、関節や神経由来など、さまざまであることが分かりました。

それによって治療も異なってくるので、耳が痛くなったらまずはお医者さんに相談して、原因を特定してもらいましょう。

(監修:Doctors Me 医師)

関連記事リンク(外部サイト)

【厚労省も注意喚起】麻疹患者が幕張コンサートに参加 感染拡大の恐れ
洗濯後の服についている病原菌を限りなく減らす工夫とは?
主流煙と副流煙はどちらの方が有害? 受動喫煙でがんになることも。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP