ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

暗いところでの撮影も完璧!ライト「Life Lite」はスマホにもGoProにも使える

DATE:
  • ガジェット通信を≫

写真だけでなく最近はビデオの撮影もスマホで、という人は少なくないだろう。

どうせ撮るならより完璧に撮りたい、という人に今回紹介したいのが、小型ライト「Life Lite」。Bluetoothで連携するスマホでシーンに合わせて光の強さなどを調整できるというもの。単独のライトとして懐中電灯的にも使える。

・明るさは1000ルーメン

Life Liteは手のひらサイズで、重さはわずか50グラムと軽量ながら明るさは1000ルーメンある。

このライト、スマホとBluetoothで連携し、アプリで明るさや光り方(フラッシュ、ストロボなど)の設定が可能。1回の充電で30分間照らすことができ、半分の明るさにすると1時間使える。

・水深10メートルまで防水

スマホに取り付ける専用クリップやグリップだけでなく、GoProや自転車への取り付けを可能にするマウントが用意されているのもLife Liteの特徴。これらアクセサリーを使うことで用途がぐっと広がる。

また、水深10メートルまで防水となっているのでアウトドアスポーツのお供にもうってつけだ。デモビデオでは、サーフィンボードに取り付けて暗い海で波乗りを楽しむ、という活用方法が紹介されている。

・送料2600円で日本へも

Life Liteは現在、クラウドファンディングサイトKickstarterで資金調達を実施中。目標額はすでに達成したので商品化はほぼ確実な情勢だ。

今ならLife Lite本体が39ドル(約4000円)、本体と自転車・GoProマウントのセットが49ドル(約5100円)、本体とスマホ用クリップのセットが55ドル(5700円)の出資で入手できる。

日本への送料は25ドル(2600円)となっていて、出資は12月1日まで、発送は来年3月を予定している。

Life Lite/Kickstarter

https://ksr-video.imgix.net/projects/2658755/video-719819-h264_high.mp4https://ksr-video.imgix.net/projects/2658755/video-719819-h264_high.mp4

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP