ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スープとスマホでひとりランチが変わる。スープストックの楽しみ方

DATE:
  • ガジェット通信を≫

見るより断然、食べる派です。

お花見は芝生の上に広げるお弁当のほうが楽しみだし、秋といえば芸術より食がまっさきに浮かびます。

でも桜を見ながらお弁当を食べるように、アートを見ながら食を楽しめたら、きっと、もっとおいしい。

そんな食とアートを両方かなえてくれる場所を見つけました。

耳と舌で楽しむ、新しいスープの美術館

東京都美術館で開催中の「ゴッホとゴーギャン展」にあわせ、スープストックトーキョーでは、ゴッホとゴーギャンそれぞれの作品から着想を得たふたつのスープが登場。

おもしろいのが、その食べ方です。

美術館でチケットを買うように、まずはスープを注文。席についてスマホでスープストックの特別サイトを立ち上げたら、お店が美術館に変身。

スープを食べながら、ふたりの画家の裏話やスープ開発のストーリーなどが音声ガイドで楽しめるんです。

同じ景色を見ながらも、その表現はまったく異なったふたりの作品。それになぞらえ、スープストックトーキョーのスープもゴッホ風とゴーギャン風のふたつの「麦畑のスープ」が楽しめるようになっています。
左:”ゴッホ”の麦畑のスープ(サフランと野菜のプロヴァンス風)右:”ゴーギャン”の麦畑のスープ(豚肉の煮込みプロヴァンス風)

1時間のランチタイムを有意義に過ごす

お昼休みを利用して、さっそくスープストックトーキョーでゴッホの麦畑のスープを注文。いつも、ネタ探しやメールチェックしながら忙しなくごはんを食べていたんですが、ゆったりと落ち着いたナレーションに合わせるように、ゆっくり食事をとることができました。

スープとスマホさえあれば、たった1時間のお昼休みでも有意義な時間が過ごせます。

Soup Stock Tokyo MUSEUM

■ あわせて読みたい

自分好みで生きる。コーヒーだってスマホでカスタマイズ
コンセプチャルに生きるって楽しい! 食べて誰かの役にたつNYのサラダボウル
東京でいちばんおいしいパン(しかもグルテンフリーで)
スマホの中身はいまの自分。27歳NY在住シンガーの場合
食欲の秋。でも太りたくない。あなたにぴったりな食べ方は? #深層心理
おいしいも気持ちいいもパワーアップ。次のハワイもオアフ島から
スマホの中身はいまの自分。27歳NY在住リクルーターの場合

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP