ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

クマは3つの原因からつくられる!正しいケア方法【黒クマ編】

DATE:
  • ガジェット通信を≫


前回、血行不良型(青クマ)に当てはまらなかったあなた。もしかしたら年齢からくるクマの可能性も考えられます。そんなエイジングサインを感じとったら、スペシャルケアを取り入れるタイミングかもしれません…!

何だか黒くて影ができる

若い頃にはなかったのに、気づけば影のようなクマができているというあなた。上を向くと少し薄くなるけど、まっすぐ正面を向くとやはりクマが目立つ…。

そんなクマは「黒クマ」とも呼ばれ、目の下がたるむことで出来る加齢型。皮膚が薄い分、お肌の弾力やハリに必要なコラーゲンやエラスチンが減少してくると目立ちやすいという特徴があります。


よく年齢を重ねてくると「目の周りのシワが…」という悩みが出てきますが、目の周りの皮膚が薄いのでいち早く目立ちやすくなります。つまり目の周り以外も気遣いないだけでコラーゲンやエラスチンが減少しているということ。

「目の周りに現れている=大至急ケアが必要」と、捉えて良いのではないでしょうか。

アイクリームを特別仕様に

黒クマが気になり始めたら、保湿成分たっぷりのエイジングケアがマスト。コエンザイムQ10入りの美容液やヒアルロン酸入りのクリームなど、少量でちょっぴりお値段のするアイテムを夜のスキンケアの一番最後に加えるのがオススメです。

洗顔後に化粧水、乳液、クリームでいつもなら終わっていたデイリーケアに特別アイテムを入れることで、朝の肌感も違うはず。または目の周りだけに使えるアイシートに美容液を染み込ませてパックするのも◎。

今までのケアにプラスして、目の周りを重点的に保湿を心がけてみてくださいね♡

次回は・・・

いよいよ次回で最終回。血行不良やたるみのクマに当てはまらない!という方は、最後の原因で引き起こっているのかもしれません。

Coming Soon!

Photo by fotolia

関連記事リンク(外部サイト)

「青い○○」と「箸置き」で楽々ダイエット♪
約3分回すだけ!女性ホルモンが整う骨盤エクササイズ
肩こり、頭痛、くすみ、乾燥・・・。気温が低くなると表れる不調の原因と解消法
ウエストゴムはNG!?ゆったり楽チンスタイルは老け&おデブのもと!
「骨盤が開く」って本当?周りの筋肉を整えて、ゆがみを防ぐエクササイズ!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
美LAB.の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。