ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

グッチ裕三 「簡単なのにうまい」料理を作る7つの心得

DATE:
  • ガジェット通信を≫

『きょうの料理』(NHK)や料理本が大人気のグッチ裕三(64才)は、「簡単なのに旨い」レシピが大人気。その秘訣はどこにあるのだろうか? グッチ氏が新刊『つくりおきより楽々 まいにち裕三 無敵ごはん』の中で語っている“料理の掟7か条”を紹介する。毎日のごはんをおいしく、楽にするその“つく楽”のコツとは……?

【1】料理はエンターテインメントであると心得る
 人を楽しませるのがエンターティナー。料理も、食べ手を「うまい!」と喜ばせたいというモチベーションが最も重要で、作り手も楽しくなければ意味がない。

【2】自分にも相手にもウケなければ意味がない
 相手を「うまい」と思わせたいなら、まず自分が「うまいっ」と思えないとダメ。

【3】材料を最初にすべてそろえて出しておく
 献立を決めたら、まず必要な食材と調味料を全部出して並べて手順をイメージトレーニング。そうすると、手際よく作れる。鍋やフライパンを火にかけたら、手元に集中する環境にするのが重要。

【4】調味料は合わせておく
 数種類の調味料を使う際は、あらかじめ混ぜ合わせておく。足りない味があればこの時に気づけるし、味見できるから失敗しない。ただし、塩やしょうゆは入れすぎると取り返しがつかないので、最初は控えめにして、味を見てから必要なら足すこと。

【5】肉には下味
 肉料理では必ず下味をつけるのがルール。このひと手間で肉のうまみがギュッと凝縮される。肉を常温に戻して筋切りしておくのも忘れずに。

【6】炒め物は勢いが命
 強火で一気に調理するのが炒めものの鉄則。フライパンを充分に熱してから油を入れて、肉や野菜を派手な音で炒めるのがコツ。

【7】「何が入っているかわからない」けどおいしいこと
「おいしい! これ何?」は最高の褒め言葉。アンチョビのかわりに塩辛を使ったりする隠し技は、全体の味がよくまとまっていないとダメだから、「何かわからないけどおいしい」にはガッツポーズ!

撮影■澤井秀夫

※グッチ裕三・著『つくりおきより楽々 まいにち裕三 無敵ごはん』より

【関連記事】
グッチ裕三の旨くて早い「つく楽」ごはん「牛玉ポトフ」レシピ
納豆+アボカド、納豆+トマト&オリーブオイルでおしゃれ丼
炒飯をおいしく調理するためには化学が必要と中華の貴公子

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP