ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

98歳中曽根康弘氏 官邸の机にバナナでカリウム摂取した

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 日本が世界トップの長寿国なのは、米を主食にすることで脂肪が少なく、かつ、肉、魚、大豆などをバランスよく摂取しているためだといわれる。では、逆に日本の高齢者の食事に、不足しているものは何だろうか。武庫川女子大学国際健康開発研究所の家森幸男所長が語る。

「日本では認知症や寝たきりになる人が多く、寿命は長いが、健康寿命(日常生活に制限のない期間)はそれほど長くない。理由は塩分の摂取量が多いからで、脳卒中や骨粗鬆症などを発症する人が多いからです。

 ところが、諸外国の長寿国を見ると、日本人並みに塩分を取っているにもかかわらず、健康寿命の長い国があります。それがコーカサス(黒海とカスピ海に挟まれた地域)で、野菜や果物をたくさん食べて、カリウムを摂取することで、塩、つまりナトリウムの影響を抑えている。さらにヨーグルトもたくさん摂ることで、血圧を正常に保つカリウム、骨を作るカルシウム、抗炎症作用を持つマグネシウムをたくさん摂ることができ、脳卒中を予防できるのです」

 元参議院議員の村上正邦氏が、現在98歳になる中曽根康弘元総理について、こんな話を明かした。

「官邸の執務室の机のひきだしやカバンにバナナをしのばせて、いつもバナナを食っていたな」

 バナナはカリウムが豊富だ。さすがは大勲位である。健康長寿のためには、イソフラボンを摂れる大豆、タウリンを摂れる魚、カリウムや食物繊維のある野菜や果物、ミネラル類を摂れるヨーグルトを食べるように気をつけるということだ。

 ただ、同じ乳製品でもチーズは塩分を多く含むので、その点に注意が必要だという。ちなみに家森氏が勧めるのは、「ヨーグルトにジャコときな粉(大豆)を入れて食べれば、ほぼ満点になります」とのことだが、味の保証はできないところだ。ちなみにジャコが推奨される理由は、魚は「内臓や頭も丸ごと食べる」ことにより必要な栄養素が取れるため。ジャコであれば、一匹丸ごと食べられるというわけだ。

※週刊ポスト2016年11月11日号

【関連記事】
放射能汚染 今後問題となるのは葉物野菜ではなく「根菜」
死因となる高血圧対策 おいしく減塩するための10か条
山菜など野生植物や自家栽培の野菜は放射線量高いと専門家

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP