ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

1964年東京五輪に学ぶ借金を残さないレガシー五輪とは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 コラムニストでデイトレーダーの木村和久氏が、近頃気になるニュースをピックアップし独自の視点で読み解きます。今回は、紛糾する東京五輪問題に提言。

 * * *
 最近の2020年東京五輪の話題は、競技施設の拡充と、レガシー化でしょうか。小池都知事の予算削減策に対し、体制派が予算獲得とレガシーをアピールし、対決姿勢が鮮明になっています。気になるのは、各スポーツ連盟のくれくれ攻撃です。世界基準の一流コースや会場を作ってほしいと、大合唱をしています。

 言うはたやすい、です。でも予算は都だろうが、国だろうが税金から支出します。我々の税金を、たった2~3週間の競技のために、大量投入していいのでしょうか? 「いや、これはレガシーとして恒久施設にする」といいますけど、それが実に怪しいのです。

 長野五輪のボブスレー、リュージュ競技場も、韓国の冬の五輪以降は取り壊しの方向です。そもそも、1964年の東京五輪で使用した国立競技場を壊しておいて、レガシーもないでしょう。ロサンゼルスオリンピックは、1932年建設の競技場を1984年に再利用しています。やればできるのです。未だスクラップ&ビルドの考えで、物事を推し進めるのは、時代遅れに思えます。

 そんなわけで、1964年の東京五輪の予算とレガシーを検証し、2020年の東京五輪はどうあるべきか、考えてみたいと思います。

 1964年東京五輪の総予算は、ざっと1兆円と言われています。現在の貨幣価値に換算すると約4兆~5兆円(日銀の統計、家計支出&物価指数の変遷では当時の4.1倍)となります。当時の一般会計の3割もの支出があったと言われ、莫大なお金がかかりました。しかし、競技関係の設備費は、400億円弱と意外に少ないのです。64年の東京五輪で一番お金がかかったのは、インフラ関係です。東海道新幹線が、東京五輪開会式の10日前に開通。同様に東京モノレールを始め、首都高、環状7号線、日本武道館、岸体育館、駒沢競技場などがオリンピック直前に次々と完成し、今もレガシーとして見事に残っています。

 その中でも白眉なのは、東海道新幹線でしょう。旧国鉄内からですら新幹線は不要と言われ、それをひとりで跳ね除け、東京五輪までに絶対開通させると奔走したのが、第4代国鉄総裁の十河信二です。3000億円という国家予算の1割以上のお金が必要と分かり、予算の半分で提示し、閣議決定を先行させた。予算不足で頓挫はいけないので、世界銀行からお金を借り、国家レベルの約束事にして無理やり開通させた伝説の人です。

 後に彼は予算オーバーの責任を取り、総裁を辞め開通式に呼ばれていません。しかし、国鉄マンからは、“新幹線の父”として慕われました。亡くなって故郷・愛媛県の新居浜に遺骨が戻るときは、新幹線のグリーン車に安置所が設けられ、窓際には遺影が飾られます。各駅に停まるたび、多数の駅員が敬礼で見送ったそうです。

 右肩上がりの高度経済成長時期だから、予算オーバーでも切り抜けられた。新幹線計画は、その典型でありましょう。

 改めて2020年の東京五輪を見てみると、経済成長は今後、あまり見込めせん。人口も減りつつある。予算オーバーをしては、後で払えるかすらおぼつかないのです。ビッグプロジェクトのリニア中央新幹線は、2027年頃の開業予定で間に合いません。強いてやるならIT関連の整備と、キャラクターなどのソフト面の充実です。つまり2020年の五輪開催を契機に、やるべき大きなインフラ整備は、あまりないのです。

 続いて競技施設建設の過剰な要求ですが、これは、ほどほどになさるがよろしい。元々、2020年の真夏に開催することが、大いなる妥協なのですから。夏季開催は、92年のバルセロナオリンピック以降、IOCの暗黙の了解事項(2000年のシドニー大会は例外)になっています。それはアメリカのメジャースポーツのイベントが少ない時期に開催したい意向を汲んでのことです。それにより視聴率もUPし、多額の放映権料がIOCに入ってくる。いわば五輪ビジネスのために、日本政府は真夏の開催を受け入れたのです。

 この日本で真夏に開催をしながら、アスリートファーストもないでしょう。選手村の分村はけしからんって、だったらまずスケジュールを10月に戻してください。そのほうがよっぽど、アスリートのためになると思いませんか?

 要するにオリンピックは政治的思惑と組織の利権で動いているのです。施設のレガシー化にしても、北京やアテネの旧競技施設の荒廃ぶりを見れば、お分かりでしょう。競技施設の分散化も、ロンドン五輪ではスコットランドからウェールズまで、全展開でした。

 IOCの注文と、実際に行われていることの違いに、驚きを隠せません。日本がお金持ちと思われて、要求が厳しいのかも知れませんけど…。

 日本のメダル獲得数は、96年のアトランタオリンピックが最悪で、金が3、全部で14という有様でした。その後、これではいかんと強化策が実施され、アスリートが続々育ったのです。リオが最多の41メダルで、2020年はこの上を狙おうといわれてます。それは素晴らしい考えですが、競技会場はどんなものだろうが条件は一緒ですよね。だからメダル獲得と、立派な競技施設は、関係あるようでさほど関係ないと思います。まさか、日本選手に有利な競技場を作るとか、そういうのはあり得ないですしね。

 どんな競技場だろうが、選手同士の条件は皆一緒。だったら、ほどほどの施設でいいと思うのですが…。低経済成長と人口減時代にふさわしい、オリンピックにしてほしいです。つまり1964年の東京五輪を反面教師と見たほうが良さそう。そう考えると、借金を残さないことこそがレガシーだと思うのですが、いかがでしょうか?

【関連記事】
羽田~成田空港都心直結線整備事業 東京五輪に間に合わず
馬術部に所属していた木村佳乃、馬との関係は恋人のよう
見納め国立競技場豆知識 トラックの下に女性用立ち小便器等

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP