ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

岡山へ行くなら秋の家族旅行で!子供から大人までみんなが楽しく遊べる観光スポット20選。

DATE:
  • ガジェット通信を≫

この秋、家族で旅行するなら岡山へ!

伝統的な日本建築の美しさをよく残している倉敷美観地区や慶長2年に完成した岡山城で秋を満喫してみたり、おもちゃ王国で子供といっぱい遊んでみたり、目的に合った旅行ができるはず♪

家族みんなで秋の楽しい思い出を作ろう!

(※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました)

倉敷美観地区

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_33202ad2150017006/photo/

風にそよぐ柳並木や、白壁となまこ壁が美しいコントラストを見せて倉敷川に影をおとし、伝統的な日本建築の美しさをよく残しているこの一帯は、江戸時代には米の積出地として栄えたところで、町並みから往時をしのぶことができる。世界的名画を集めた大原美術館をはじめ、民藝館、考古館など、文化的施設も多数ある。

\口コミ ピックアップ/

古き良き町並みで、歩くだけで楽しいです。昔ながらの喫茶店もあって、昔にタイムスリップしたような気持ちになれます。

(行った時期:2011年11月)

古い町並みが続いていて、ぶらぶら歩いて見ているだけでも楽しいです。

お店がちょこちょこあるので、食べ歩きもいいです★

(行った時期:2014年11月) 倉敷美観地区

住所/岡山県倉敷市中央

「倉敷美観地区」の詳細はこちら

おもちゃ王国

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_33204cc3540060142/photo/

トミカ・プラレールやリカちゃん,ブロックや木のおもちゃなどで自由に遊べる「おもちゃパビリオン」と,レッツゴートーマスやゴーカート,大観覧車などの“のりもの”が一緒になった「おもちゃのテーマパーク」。

\口コミ ピックアップ/

子供がとても喜びそうな展示やアトラクションが多数そろっている場所になっています。家族で楽しむのもよいでしょうね。

(行った時期:2013年11月18日)

入園料を払えば、無料の施設が複数あり、小さい子はよく遊べます。

大きくなると、券を数枚~まとめて買えたり、フリーパスもあり、乗り物も色々遊べると思います。

しまじろうショーや日によってイベントショーもあり、イベントショーを狙って来園するのもいいと思います。

(行った時期:2014年11月) おもちゃ王国

住所/岡山県玉野市滝1640-1

「おもちゃ王国」の詳細はこちら

岡山後楽園

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_33201ah2140016497/photo/

水戸の偕楽園、金沢の兼六園と合わせて日本三名園に数えられる回遊式庭園で、国指定特別名勝となっている。岡山藩主・池田綱政が、家臣の津田永忠を工事監督として築造させたもので、元禄年間(1686年~1700年)にほぼ完成したが、その後何度も模様換えや区域の拡張が行われるなどして、現在の規模までになっている。明治4年(1871年)に後楽園と改称して一般公開し、同17年(1884年)に県営に移管した。延養亭から東面して望む沢の池と唯心山や、それらを取りまく広々とした芝生などが描きだす平明な景観が眺めの中心ともいえ、遠景に瓶井山の多宝塔を点として、操山のなだらかな山容が借景となっている。

\口コミ ピックアップ/

昼の緑ゆたかな中を散歩するのも気持ちいいですが、夜のライトアップもきれいです。幻想庭園という名前で、年に数回イベントとして夜のライトアップがされています。

(行った時期:2011年11月)

親戚が来た時、観光ならここですね。後楽園は抑えておきたいです。この時も親戚が来たときでした。ゆったりと散歩をしながらお話も弾むでしょう。

(行った時期:2013年11月) 岡山後楽園

住所/岡山県岡山市北区後楽園1-5

「岡山後楽園」の詳細はこちら

道の駅風の家

出典:http://www.jalan.net/gourmet/grm_33587aa1030000765/photo/

細めの麺に、蒜山産のキャベツ、親どりにあわせれば何とも香ばしい麦味噌ならではの香りが食欲を誘います。じゃらん現地スタッフの耳より情報)

\口コミ ピックアップ/

米子自動車道蒜山インター近辺にあります。野菜や花、ピオーネ、なし、長芋、フルーツ等少しお安く購入できます。道路をはさんだ所にいつも流行っているお蕎麦屋さんもあります。

(行った時期:2015年11月)

新鮮な野菜が安く買えます。品揃えも豊富です。蒜山やきそばもおいしかったですよ。

(行った時期:2013年11月) 道の駅風の家

住所/岡山県真庭市蒜山上徳山1380-6

「道の駅風の家」の詳細はこちら

蒜山高原

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_33587ab2020120337/photo/

大山隠岐国立公園内にある、なだらかな高原。ジャージー牛が放牧地に放牧され、そののどかな風景が多くの人に魅力をあたえ、岡山県下有数の観光地となっている。蒜山三座南麓。乳牛の放牧、珍しい動植物も豊富で行楽客も増加している。景観は雄大。

\口コミ ピックアップ/

三朝温泉への道中、よく立ち寄ります。秋口に伺うと空気が違います。素晴らしい景色を見ながら頂くチーズフォンデュは絶品です。

(行った時期:2015年11月)

蒜山焼きそば食べに行きました。パソコンで蒜山焼きそばのマップをゲット。マップに書いてても閉まってるお店もありました。マップには親鳥を使っているか等の表記もあり、私たちはいちふくさんで頂きました。とってもおいしかったです。

全体的には、道も広くて走りやすく景色もいいので、ドライブに最高でした。

(行った時期:2011年11月) 蒜山高原

住所/岡山県真庭市川上・八束

「蒜山高原」の詳細はこちら

三井アウトレットパーク 倉敷

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_guide000000179743/photo/

観光やお買い物も楽しめて、お出かけにおすすめ!毎月いろんなイベントも開催中です!ぜひお楽しみください。中国地方最大級のアウトレット。アリオ倉敷・倉敷みらい公園に隣接し、緑と水に囲まれた自然豊かな環境です。倉敷IC、倉敷駅からほど近く、お車でも電車でもアクセス抜群!ブランドファッション・スポーツブランドはもちろん、生活雑貨やファッション雑貨など幅広いジャンルのショップが全120店舗集まった充実のラインナップ。吹き抜け2階建の開放的な建物で、ごゆっくりアウトレットショッピングを楽しんでいただけます。お子様連れも安心の授乳室やおむつ交換室、ベビーカーの貸出(1階総合案内所にて)もご用意しております。カップルやご友人、ご家族で1日過ごしていただけるアウトレットです。

\口コミ ピックアップ/

このアウトレットは、すぐ隣にアリオという商業施設があって、両方が楽しめる。以前はテーマパークの遊園地があった場所だ。アウトレットとしては敷地が広い方ではないと思うが、定番のブランドは大体そろっているので、不自由ない。アリオの方には家電量販店も入っているし、スーパーもあるので、買い物はすべてそろうという感じである。

(行った時期:2014年11月)

店舗が多く、1日買い物し続けることができます。

駅に直結していますが、チボリ公園の跡地なので、緑も豊富です。

(行った時期:2013年11月) 三井アウトレットパーク 倉敷

住所/岡山県倉敷市寿町12-3

「三井アウトレットパーク 倉敷」の詳細はこちら

瀬戸大橋

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_33202ae2192036347/photo/

瀬戸内海をまたいで本州と四国を結ぶ長大橋。香川県坂出市と岡山県倉敷市を結ぶ6つの橋と4つの高架橋を総称して呼ぶ。全長9368mで、鉄道と道路の併用橋としては世界最長を誇る。坂出市側のたもとに瀬戸大橋記念公園があり、回転展望台「瀬戸大橋タワー」がある。

\口コミ ピックアップ/

上は車、下を電車が走っています。

車で橋を渡るとあっという間ですが、何故かテンションが上がります。

電車だとどんな風景なのか、今度乗って見たいです。

(行った時期:2015年11月)

この橋ができて、四国がめちゃくちゃ近くになりました。

とくに高松なんかにはすぐ行けます。途中与島もあってお土産も買えます。

(行った時期:2015年11月) 瀬戸大橋

住所/岡山県倉敷市下津井田之浦1丁目1

「瀬戸大橋」の詳細はこちら

鷲羽山

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_33202ab2010002455/photo/

2004年に国立公園指定70周年を迎えた瀬戸内海国立公園の代表的な景勝地、鷲羽山では瀬戸大橋児島坂出ルートを一望することができます。海抜133mの山頂「鍾秀峰」からは波静かな海上に点在する大小50余りの多島美と雄大な瀬戸大橋の姿を存分に楽しむことができます。

\口コミ ピックアップ/

夜景のスポットがあります。車でドライブする人もわりと夜は多いように思います。瀬戸大橋が見えるので一度行ってみるといいと思います。

(行った時期:2011年11月)

岡山県のドライブコースの定番です。秋のドライブも格別です。紅葉と合わせ、と眺めは最高です。風も気持ちいいです。

(行った時期:2015年11月) 鷲羽山

住所/岡山県倉敷市下津井田之浦

「鷲羽山」の詳細はこちら

五味の市

出典:http://www.jalan.net/gourmet/grm_alikejpB001029305/photo/

\口コミ ピックアップ/

魚のイメージですが、野菜も少数ながらお値打ちに販売されています。スーパーよりは安いです。あと、変わりモンではカキフライソフト。話のネタに一度は食べてみては。

(行った時期:2013年11月)

たくさんの漁師さん?がそれぞれ市場内に地元日生で獲れた魚を出しています。秋から冬にかけてはやはり牡蠣です!市価よりかなり安く、たくさん買って隣の貸しバーベキュー場ですぐに焼いて食べられます。

(行った時期:2012年11月) 五味の市

住所/岡山県備前市日生町日生801-4

「五味の市」の詳細はこちら

アリオ倉敷

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_guide000000179744/photo/

JR倉敷駅北口直結の食品館イトーヨーカドーと121の専門店からなるショッピングセンターです。三井アウトレットモールと隣接し数々のショッピングや街の情報を提供しています。イベント等もたくさんあるので確認してね!

\口コミ ピックアップ/

美観地区からも近く、アウトレットと連結しており、行き来できるのが良かったです。以前クリスピークリームドーナツがあったのになくなったので残念です。

(行った時期:2015年11月)

この施設は、立地が抜群。というのも、隣が三井アウトレットなのだ。したがって、買い物しながらその足をアウトレットにまでのばせる。これは便利。アリオだけならそんなに魅力はないが、アウトレットと両方楽しめるとなると、そんな施設はなかなかない。お勧め。

(行った時期:2014年11月) アリオ倉敷

住所/岡山県倉敷市寿町12番2号

「アリオ倉敷」の詳細はこちら

湯原温泉

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_33583cd2110077378/photo/

中国山地の山々に囲まれ、旭川の渓谷に湯煙りの立ちのぼる静かな温泉。温泉の歴史は古く、江戸時代の諸国温泉番付では東の関脇に選ばれたという。名物である露天風呂「砂湯」は、旭川をせき止めて造られた湯原ダムえん堤の真下河原にあり、川床から湧く温泉を自然石で囲った湯船が3つあり、それぞれ長寿の湯、子宝の湯、美人の湯と名付けられ湯船の底は川砂で、湯がこんこんと湧き出ている。屏風のように立ちはだかるダムをバックに、秋は山を彩る紅葉、冬は降りつもる雪を眺めながらと野趣は満点。しかも無料。湯はアルカリ性単純泉、48度。慢性リウマチ、神経痛、神経炎、疲労回復、慢性皮膚炎などに効能がある。町営湯本温泉館の新館には、サウナ・ジェットバス・ジャグジーバスがあり、身障者・高齢者の方にも安心して利用できます。

\口コミ ピックアップ/

家族連れで観光で行きましたが、とても楽しかったです。温泉街ですので、沢山の旅館がありました。旅館も最高でした。温泉もとても良かったです。

(行った時期:2015年11月)

無料温泉や市民向けの温泉施設、観光者用向けの高級旅館と色々な方が楽しめる温泉です。

冬に行くと雪を見ながら露店風呂に入れたりします。

(行った時期:2011年11月) 湯原温泉

住所/岡山県真庭市湯原温泉

「湯原温泉」の詳細はこちら

ブラジリアンパーク 鷲羽山ハイランド

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_33202cc3540060141/photo/

入園料のみで園内の乗り物はすべて無料の乗り放題の遊園地。ループ付き迷走コースター、垂直落下のターボドロップなど絶叫マシン、瀬戸内海が一望の大観覧車など乗り物がいっぱい。乗り物によっては身長制限あり。140cm以上であれば全ての乗り物可能。

\口コミ ピックアップ/

隠れた名遊園地だと思います。

怖いです。

絶叫が好きな人はここも是非体験するべきだと思います!

テーマパークとしてもすごく楽しめます^ ^

(行った時期:2013年11月)

家族でいきました。

かなりすいていたので乗り物乗り放題でしたが、子供が小さいので限られます。

公園みたいなところにずっといた気がします。

でも楽しかったのでまた子供が大きくなってからいきたいです

(行った時期:2013年11月) ブラジリアンパーク 鷲羽山ハイランド

住所/岡山県倉敷市下津井吹上303-1

「ブラジリアンパーク 鷲羽山ハイランド」の詳細はこちら

岡山城

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_33201af2120008911/photo/

宇喜多秀家が豊臣秀吉の指導を受けて築城し、慶長2年(1597)に完成。天守閣は戦災で焼失してしまったが昭和41年(1966)に再建されている。天守閣内部では、歴史展示以外にも備前焼の体験、着付け体験、駕籠に乗って写真撮影などが出来る学びと遊びの空間になっている。天守閣の外観が黒いため「烏城」とも呼ばれ親しまれている。また本丸の北西隅には焼失をまぬがれた月見櫓が往時を偲ばせる姿で建っている

\口コミ ピックアップ/

岡山市にある名城で、素人目には土台がしっかりしているなあと思わせます。烏城、金烏城などと呼ばれており、地元の人にも愛されているのがうかがえます。

(行った時期:2013年11月)

お城の大きさは、大阪城や姫路城と比較するとかなり、規模は小さいですが、立派なものです。中には岡山城の歴代城主の移り変わりとその歴史が学べて非常に良かったです。

(行った時期:2011年11月) 岡山城

住所/岡山県岡山市北区丸の内2-3-1

「岡山城」の詳細はこちら

農マル園芸吉備路農園

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_guide000000179457/photo/

季節によって異なる味覚狩りやドッグラン・お花の直売所・ご当地グルメ「総社ドッグ」など大人から子供まで楽しめる農園施設。

\口コミ ピックアップ/

道の駅や農協みたく産直市があります。観光客向けなのか野菜少しお高めな気がします・・

花はいろいろな種類があってかわいい寄せ植えも多いです(配置や種類の参考にしています)

入口付近で出店もいろいろやってますよ~

(行った時期:2015年10月)

マスカットや桃など岡山県の特産のフルーツがお手頃価格で販売してます!フルーツを使ったデザートや、お菓子なども味わえます。花や、ドッグラン、苺狩りもできるので、楽しめます。

(行った時期:2014年10月) 農マル園芸吉備路農園

住所/岡山県総社市西郡411-1

「農マル園芸吉備路農園」の詳細はこちら

みやま公園

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_33204ah3330043168/photo/

玉野市のほぼ中央部,国道30号に接した標高50m~180mと起伏に富み,松の緑に囲まれた5つの池が点在する「自然いっぱい」の都市公園。広大な敷地に自然林・池があり,約7千本の桜,約1万2千本のツツジが植えられている。遊歩道があり,散策やサイクリング等にも最適。敷地内には,深山センターハウス,深山イギリス庭園,みどりの館みやま,青空市場,「道の駅」情報コーナー,パターゴルフ場,ドッグラン,わんぱく広場,芝生広場,ふれあい広場,多目的広場,さくらの丘が設置されている。

\口コミ ピックアップ/

深山公園は、玉野市のほぼ中央部、国道30号に接した標高50m~180mの緑に恵まれた場所にあり、広大な園内には約7,000本の桜をはじめ梅、椿、ツツジ、モミジなど300種を超す約15万本の木が生えており、四季折々の花が楽しめます。また、園内は5つのため池と松林を代表とする緑豊かな自然を満喫する散策コースが設けられています。道の駅もあり、名産の穴子の蒲焼がおいしいです。

(行った時期:2015年11月)

紅葉を見に行きました。

少し終わりかけていましたが、木々の紅葉はもちろん、水面に浮かぶ落ち葉も綺麗で充分楽しめました。

とても広い公園なので、少し散策するのもいいですし、家族などで遊びに行くのもオススメです。

(行った時期:2012年11月) みやま公園

住所/岡山県玉野市田井2-4490

「みやま公園」の詳細はこちら

神庭の滝

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_33581ab2040120323/photo/

神庭川に懸る西日本一の名瀑。黒光りのする岩盤と純白の水しぶきが神秘的である。国の名勝地,県立自然公園に指定され特に新緑と紅葉が美しい。

\口コミ ピックアップ/

観光スポットが近くにあるので立ち寄りやすいです。秋に行った時は野生のおさるさんの団体が子ザルを連れて歩いていました。

そんな出会いもあるかも知れない神庭の滝。

滝も近くで見られてまた行きたいスポットです。

(行った時期:2011年11月)

有名な滝は各地にあるが、ここ神庭の滝は有料。公園の整備や猿のえさ代と説明されるが、自然のものにお金を取るのはいかがなものだろうか?むしろ駐車料金を徴収したほうがいいかもしれない。滝そのものは流麗で素晴らしい。紅葉の日曜日で大混雑していた。もっと滝つぼに行ければさらに自然の息吹を感じられるのにと思う。

(行った時期:2015年11月) 神庭の滝

住所/岡山県真庭市神庭640

「神庭の滝」の詳細はこちら

岡山農業公園ドイツの森クローネンベルク

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_33325cc3540060420/photo/

ドイツ風の農村をイメージしたテーマパーク。ワイナリーやドイツの田園地帯の街並み、農産加工場・レストラン等を中心にSL機関車、芝すべりゲレンデ、パターゴルフ場・自転車広場、グルメ体験やクラフト体験など家族で楽しめるレクリエーション施設も充実している。

\口コミ ピックアップ/

場所は山の奥の方にあるので、車が必要です。ドイツの森の中にはパターゴルフ場や動物がいたり、アーチェリーを楽しむ事が出来ました。

(行った時期:2011年11月)

羊のショウなどもあり楽しく回れます。たまたまイベントで生のヨ-デルやこれさとワインの試飲があり楽しかった。園内広くけっこう歩きます。花がさきキレイです。

(行った時期:2015年11月) 岡山農業公園ドイツの森クローネンベルク

住所/岡山県赤磐市仁堀中2006

「岡山農業公園ドイツの森クローネンベルク」の詳細はこちら

ライフパーク倉敷 科学センター

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_guide000000164380/photo/

ライフパーク倉敷の中にある倉敷科学センター。ドーム直径21メートル,210席の宇宙劇場では,満天の星空を映し出すプラネタリウムと,大迫力の全天周映画を楽しめる。科学展示室では,子どもたちに人気のCGスクエアや国産技術で作られたロケットエンジンの実物など,科学のおもしろさや素晴らしさを体験できる展示を約100点設置。

\口コミ ピックアップ/

科学体験イベントが頻繁に開かれているのでよく利用します。プラネタリウムの施設もあり、映画も上映されます。館内には図書館があり他の市立図書館で借りたものの返却も可能です。

(行った時期:2014年11月)

ライフパーク倉敷は岡山県倉敷市福田町古新田にあります。科学センターにきて知識が増えてとてもよかったのでおすすめです。

(行った時期:2015年11月) ライフパーク倉敷 科学センター

住所/岡山県倉敷市福田町古新田940

「ライフパーク倉敷 科学センター」の詳細はこちら

池田動物園

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_33201cc3310040122/photo/

ゾウやキリンなど110種類以上の動物が勢ぞろいするアットホームな動物園です。動物との距離がとても近く、ホワイトライオンやレッサーパンダ、カピバラなど人気動物にあう事が出来ます。また1年を通してさまざまなイベントを行っており、毎日行われているゾウのエサやり体験やウサギやヒヨコとのふれあいは大人気。季節のイベントでは夜の動物園やクリスマスアニマルパレードなども行われ、1年中楽しむことの出来る施設です。

\口コミ ピックアップ/

こんなにも動物は大きかったかなと思ってしまいました。見ていると迫力が十分に伝わってきますね。家族で楽しめます。

(行った時期:2015年11月)

町中にあるのに動物も種類が多くて可愛かったです。山道が多いのでベビーカーでの移動が大変でした。でもヒヨコを触れて可愛かったです。

(行った時期:2013年11月) 池田動物園

住所/岡山県岡山市北区京山二丁目5-1

「池田動物園」の詳細はこちら

カブトガニ博物館

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_33205cc3290030590/photo/

カブトガニが生息・繁殖している笠岡市にあり、カブトガニをデザインした館内には、カブトガニと生物進化の歴史がわかる展示がされている。また、カブトガニと同時代を生き、絶滅した恐竜の原寸大の復元模型と化石植物といわれるイチョウ、メタセコイア、シダ等の植栽で原始の世界を再現した「恐竜公園」も併設されている。

\口コミ ピックアップ/

博物館はカブトガニをかたどったドーム型でした。

めずらしいカブトガニに子供たちは興味津々でした。

博物館前にある、恐竜公園でも遊べて楽しい1日になりました。

(行った時期:2014年11月)

どんな施設かなと興味本意ではいりましたが、子供たちにわかりやすい解説がしてあり、大人も子供も楽しめよかったです。

(行った時期:2015年11月) カブトガニ博物館

住所/岡山県笠岡市横島1946-2

「カブトガニ博物館」の詳細はこちら

※この記事は2016年10月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

ちょっと大人な贅沢を…。一度は泊まりたい!おすすめの憧れ宿【長野】
大切な人と二人で行きたい♪「赤の絶景」デートスポット~西伊豆編~【静岡】
子供と一緒に秋の家族旅行に行くならここがオススメ!山口ならではの秋の見どころ20選。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP