ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

え、ピアスよりかわいいかも。初めて欲しいと思えたBluetoothイヤホン

DATE:
  • ガジェット通信を≫

音楽はいつもやさしいから、移動中にイヤホンをして音楽を聴くのが当然。むしろ、音楽を聴けない移動なんて想像できないくらい。

iPhone7では、イヤホンジャックがなくなると発表されました。イヤホンジャックがなくなると、Bluetoothのイヤホンへ移行しなくちゃいけないの? と、ややネガティヴな気持ちになっていました。

でも、そんな気持ちを覆してくれた、いや、逆にポジティヴに欲しいっ! と思わせてくれるイヤホンを見つけてしまいました。

耳元が一気にクールになる

すでにアメリカのApple Online Storeでは販売が開始されている「i.am+ EPs Bluetooth Wireless Headphones」。

イメージモデルをつとめるのは、ケンダル・ジェンナーとナオミ・キャンベル。

クールな2人のヴィジュアルを見ていたら、早く耳につけたい! という気持ちが止まらなくなりました。

耳を飾ってくれる円板型。カラーは、「ブラック&ゴールド」と「スペイス グレイ」「ローズ ゴールド」「ホワイト」の4色。iPhoneの色にそれぞれリンクしています。今回「ローズ ゴールド」が新しく追加で販売されることになりました。

アナログのレコードがデザインの源

耳に装着すると、顔まわりが一気にスタイリッシュになってしまうのが不思議。テクノロジーの未来感がムンムンです。「i.am+ EPs」をプロデュースしたのは、The Black Eyed Peasのメンバーである、will.i.am。

ミュージシャンであるwill.i.amは、アナログのレコードの丸い形にインスパイアされてデザインしたとのこと。根底に音楽へのリスペクトがあることが感じられます。そして、テクノロジーの進化にアナログっぽさを入れてくれるなんて、ユーザーの心をわかってる! という感じ。

マグネット内蔵で紛失防止

Bluetoothのイヤホンで心配になるのが紛失してしまうこと。

「i.am+ EPs」には、磁石が内蔵されていて、左右のイヤホンがくっつく仕様になっています。なので、ネックレスのように首に下げることもできるし、なにより紛失防止に役立ちそう。

現時点(※)では、米国のApple Storeでの限定販売。

これからは、耳元もテックフレンドリー。ピアスではなくイヤホンで耳元を飾る、がスタンダードになりそうな勢いです。

※ 2016年11月3日現在。

Apple, will.i.am, Fashion Journal

文/ダーシー

■ あわせて読みたい

冬ネイルで、あなたのなかに眠るアーティスト度がわかる #深層心理
手袋つけたままスマホ操作。手元スリムで上品に
『ティファニーで朝食を』はなぜ生まれたの?
テクノロジーと仲良くなる。テックフレンドリーってなに?
とりあえずVR。ユナイテッドアローズ店内を360度探索する
スカートの裾がふつうじゃない #LouisVuitton
何着たらいいの? 中途半端な時期にこそ着たいアウトドアアウター

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP