ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

プルプル美肌にはコラーゲンより “油揚げ”?!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

プルプルの美肌になりたいということで、コラーゲンの飲料やサプリメントをせっせと飲んでいる方も多いのではないでしょうか。サプリメントなどを飲むことで、もちろんキレイなお肌を作ることができます。でも、サプリメントでコラーゲンを摂っても、それがそのままお肌のコラーゲンになるわけではないことを知っていますか? いったんアミノ酸に分解された後、コラーゲンとして再合成される手順があるのです。コラーゲンは皮膚や骨、軟骨、血管など体内のあらゆるところに存在し、臓器や細胞をしっかり形成する働きを担っています。お肌のためと思ってコラーゲンを摂っても、それがお肌に使われるかどうかは分からないのですね。

コラーゲンは食べるよりも体内で作っちゃおう!

コラーゲンはアミノ酸から作られるので、直接コラーゲンを摂らなくても、コラーゲンを生成するアミノ酸を食べることで体内のコラーゲンを増やすことができます。アミノ酸にはいろいろな種類がありますが、コラーゲンのもとになるのはグリシンを中心に、プロリン、ヒドロキシプロリン、アラニンなど。アミノ酸はタンパク質に多く含まれるので、タンパク質をきちんと食べていればこれらの材料が不足することはありません。

プルプルのお肌に“油揚げ”をおススメするワケは?

体内でコラーゲンを生成するためには、その材料になるアミノ酸が必要です。アミノ酸はタンパク質が分解されてできるので、タンパク質を含む食品をしっかり食べた方がいいのです。そこで、おススメしたいのは、大豆製品。大豆は「畑の肉」とも言われるほどタンパク質が豊富です。しかも大豆製品に含まれるアミノ酸は、コラーゲンの原料となるアミノ酸と組成が似ているのです。大豆製品なら豆腐や納豆など何でもいいのですが、油揚げなら小さく切り分けて冷凍保存もできるので、食べたい時に食べたいだけ食べられるので、とても便利なのです。

“油揚げ”に含まれるアラギンがコラーゲンを生成する

特に油揚げに含まれているアミノ酸は、グリシン、プロリン、ヒドロキシプロリン、アラニンなど。コラーゲンを生成する際に必要なアミノ酸とほとんど同じなのです。さらに油揚げで注目したいのは、アルギニンが多く含まれていることです。アルギニンはコラーゲンの材料としてはそれほど多く必要ないのですが、実はアルギニンがないとコラーゲンが生成できないのです。アルギニンは皮膚などを再生するために必要なアミノ酸なので、ケガをしたような時もアルギニンを摂るといいんですよ。

コラーゲンを増やしてプリプリの美肌を作るには、油揚げを中心とした大豆製品のタンパク質をしっかり摂るのがおススメです。また、コラーゲンを生成する際にはビタミンCと鉄分も必要なので、鉄分の多い食品やビタミンCが多いフルーツなどもしっかり食べてくださいね。

writer:岩田かほり

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP