ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

懐かしい感じのごはんを食べにいきたい! 絶品食堂3選【まとめ】

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:Meshi2_IB:20160901010553j:plain

ちわ! 昔、田舎に行くとおばあちゃんが作ってくれた、懐かしい感じのごはんが大好きだったメシ通編集部です。

結局なんだかんだ、ちょっと甘辛い醤油っぽい味が一番ほっとしたりするんですよね。

みなさんも、そうじゃないですか?

そんなわけで、店がまえも味も、なんだか懐かしい食堂の記事をを集めてみましたよ。

まずは、学生さんでも腹いっぱい間違いなしのこのお店。

ガツ盛り万歳! デカ飯食堂「松乃家」の絶品丼は食べておくべき

f:id:Meshi2_IB:20160901012502j:plain

京都、同志社大学の今出川キャンパスのほど近くにあるうどん店「松乃家」は、美味ながらデカ盛りの絶品丼が味わえることで有名です。

同志社大学の食いしん坊万歳たち&近隣の方々から絶大な支持を受ける丼ということで、大食いには全く自信のないメシ通レポーターが挑んでみます。

f:id:Meshi2_IB:20160901014433j:plain

お店に入りメニューを見てみると、「大盛りは200円増」とあるだけで、特大とも書いていないのです。お母さんがいらっしゃったので、聞いてみました。

──大盛りがとっても大きいんですか?

「そうですね、みなさん大きいと言ってくれますね」

──どれぐらい大きいのでしょうか。

「うーん、見てみてもらったらわかりますよ」

そこで、作っているところを見せてもらいました。

f:id:Meshi2_IB:20160903223545j:plain

うわ、うわ、うわわわ。これは、多いぞ!

f:id:Meshi2_IB:20160903223749j:plain

ご飯の上にかつを乗せて、その上からトロットロになった玉子をかけます。

f:id:Meshi2_IB:20160903233843j:plain

▲カツ丼大盛り( 970円)

パンパカパーン、完成です! わー大きいですねー! (この時点ではまだ食べるという現実味が湧いてないので、のんきに)

さて、大食いには全く自信のないメシ通レポーターがこの山に挑みます。

f:id:Meshi2_IB:20160903234230j:plain

とろっと味の濃い卵にサクサクのカツも分厚くてジューシー! 美味しいです! シンプルな具材にシンプルな味付け、これぞカツ丼です。ちょっと味も濃いめなのがまたご飯を進ませるというもの。

味は美味しい! しかし、少食のメシ通レポーター、食べきれるのでしょうか?

その結末は、こちらの記事でどうぞ。

お次も、京都。今度は京大生御用達ですよ。

京大生御用達の昔懐かし食堂で、店主夫婦の愛情がつまった定食をかっ食らう【丸二食堂】

f:id:Meshi2_IB:20160903235843j:plain

こちらは京都大学の近くにある「丸二食堂」。

おぉ~! 入った瞬間に感じるこの懐かしい空気。平成生まれの私ですが、感じる、感じるぞ! 昭和の空気をビンビンと!

f:id:Meshi2_IB:20160904000233j:plain

家族経営のこちらのお店。お母さんに「いつ創業ですか?」と聞いてみると、「40年前くらいかなぁ、細かい年数は覚えてないけど」とのこと。ズラリとならんだ定食メニューは、きっと学生の要望に答えるうちに増えていったんだろうなあ。

こちらのお店はビールも、大瓶480円と安い! おかずをアテにビールもいいなあと迷うレポーターでしたがが、結局、王道・日替わりの「丸二定食」を注文。

f:id:Meshi2_IB:20160904001122j:plain

▲丸二定食(580円)

お母さん「はい、丸二定食です~」。おっ!来ました来ました、おまちかねの丸二のセンターです。

で、でっかいでェ~~~~~~!!!!!

f:id:Meshi2_IB:20160904001425j:plain

ミンチカツ、なす、ちくわ、全てBIGサイズ! おかずを乗せるお皿自体が大きすぎて、トレーからはみ出しとるがな~。

これで580円はめちゃめちゃ安いのに、ご飯も+20円で大盛り、+50円で特盛に変更できます。

このとんでもないボリュームはお母さんの愛情なのです。

お母さん:うちはお客さんの8割が学生さん。食べ盛りの世代だから、少ないと満足できないでしょう。お腹いっぱい食べられるようにこの量と価格にしています。

京大生の心と身体を支える定食。これからもずっと続いて欲しいものです。

さて、伊豆方面にも良い食堂がありましたよ。

漁港直結、ガバ食い必至! 海が見える「みなと食堂」の極上の海鮮ランチ

伊豆半島の付け根、真鶴と湯河原の間くらいの漁協に隣接して食堂、「福浦漁港みなと食堂」。

f:id:Meshi2_IB:20160904003743j:plain

漁協直営の何がナイスなのかといいますと。まずは漁港の荷さばき所に隣接という立地。水揚げされた魚が小田原の市場に送られる前に、イケてる魚を選別して仕入れているんですね。お先にいただき! してるわけです。

f:id:Meshi2_IB:20160904004234j:plain

その日に揚がった魚がメインになるのですべてが日替わり。いろんな定食にワクワクしますな。

f:id:Meshi2_IB:20160904004327j:plain

▲朝どれ刺身定食(2,538円)

ばばーん。

アジ、ワラサ、ホウボウ、アジ。

ぴちぴちなのは当たり前で、注目点は切り方。

f:id:Meshi2_IB:20160904004607j:plain

肉厚なんすよ。刺身が厚いんですよ。

薄い刺身はわさび醤油の味しかしないこともあるじゃないですか。刺身が厚いということだけで、魚本来のうま味がきっちり味わえるわけです。もちろんこれは魚そのものがおいしくないとできないことです。

f:id:Meshi2_IB:20160904005009j:plain

▲金目鯛定食(2,484円)

この日はサバのフライ、アジの刺身、金目鯛の煮付けという組み合わせとなっておりました。金目鯛の煮付けを軸にした定食です。キンメはうまい。煮付けにしたら最高ですね。

実はこのお店、自前の刺し網を持ってまして、この店の目の前の海の中に網がありまして。ここにかかった魚が明日お店で食べられるんですね。

生け簀や水槽を備えた居酒屋さんはしばしばありますが、お店の目の前に天然の魚を捕らえる網を持ってる食堂なんですよ。養殖の生け簀なんかじゃない。天然魚をとる網ですよ。

ここまで、フレッシュな魚はめったに食べられない! 伊豆方面にドライブに行く人は要チェック!

おばあちゃんちに遊びにいく気分で、全部回ってみたい!

※金額はすべて消費税込です。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

書いた人:「メシ通」編集部

メシ通編集部

食を楽しみたい人のためのWebマガジン「メシ通」編集部です。 Twitter:@mesitsu

関連記事リンク(外部サイト)

【モツ煮込み】とろうま「モツ煮込み」は、自宅の炊飯器でカンタンに作れてしまう!【居酒屋さんの味】
【決定版】スーパーで買ったステーキ肉を自宅で完全なうまさで焼く方法【レシピ】
【朝メシまとめ】大人だからちゃんと朝ごはん食べようかな…激ウマな朝食、集めました!

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。