ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

好調『ドクターX』 泉ピン子は米倉涼子を寵愛し毎回差し入れ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 プロ野球日本シリーズの放送で番組開始が50分遅れた影響を微塵も感じさせず、10月27日放送回で24.3%という今年の民放連ドラの最高視聴率を叩き出した木曜ドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子』(テレビ朝日系)。2012年にスタートし、今年で第4シリーズを迎えても、米倉涼子(41才)演じる大門の快進撃はとどまるところを知らない。

「今クールのドラマの中では視聴率も録画視聴率もダントツ。合わせて30%超えの稀にみる大ヒットで、もちろん撮影現場も大盛り上がりです」(芸能関係者)

 今回は「シリーズ史上最大の敵」として泉ピン子(69才)が登場。思惑に反発ばかりする未知子にイラ立ちを募らせ、対立を深めていく大学病院の副院長役は、「ピン子さんのハマリ役」(ドラマ関係者)と評判だ。

 米倉とピン子は今回が初共演。過去に共演者との“ひと悶着”を繰り返してきたピン子だけに、クランクイン前、スタッフの間にはかなりピリピリした空気が流れていたという。

「“ピン子さんシフト”が必要だ!なんて声もあがるほどみんな警戒してて、ちょっとぐらい“怒られる”“吠えられる”“噛みつかれる”のは覚悟の上でした(笑い)。ところが蓋をあけてみてびっくり! ピン子さんは“このドラマ大好きなの”って、最初っからすごい上機嫌。あんなピン子さん、見たことありませんよ」(前出・ドラマ関係者)

 特に、米倉に対するピン子の“寵愛”は目を見張るほど。

「“涼子ちゃん、涼子ちゃん”と親しげに呼んで、毎回米倉さんのために差し入れを持参するほど。おかげで米倉さんは余計な気も使わず、自分の演技に没頭できているようです」(前出・ドラマ関係者)

 視聴率で好調を続けるテレビ朝日だが、その立役者は紛れもなく米倉だ。2004年の『黒革の手帖』、2006年の『けものみち』と小説原作の重厚なドラマで大ヒットを飛ばし、すっかり局の顔に。『ドクターX』は、局と米倉が作り上げた最高傑作。収録現場もますます熱気に溢れているという。

※女性セブン2016年11月17日号

【関連記事】
米倉涼子 『家政婦のミタ』を見て“ヒット作には理由ある”
米倉涼子 『ドクターX』打ち上げで「また一緒にやりたい」
「篠原涼子>米倉涼子」のギャラ格差 直接対決で異変発生

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。