ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

小林薫 『深夜食堂』のマスターは動くセット、喋る書き割り

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 1970年代に入ってからの約10年、小林薫(65)は、唐十郎率いる劇団「状況劇場」に身を置いていた。高校の夏休みに芝居を観て感激し、自ら飛び込んだのだ。辞めていく仲間があとをたたない中、小林は20歳から29歳まで在籍。タブーを次々と破っていくアングラ演劇の真髄が小林の身体に染みついた。そして小林がマスターを務める(映画・ドラマ)『深夜食堂』の出演者を「僕をはじめ地味でアングラな役者ばかり」と諧謔的に言う。

「アングラって言葉はすでに死語だけど、僕にとってみたら、その死語を今もあえて使っているという感覚です。アングラなんて実際に知っている人はいないでしょ。でも、僕の役者としての出発点を考えると、まあ、選ばれて入ったわけじゃないということで、アングラと例えて言うわけです。

 1970年代のゴールデン街を含めて、あの新宿という街の中で演劇をやっていた、どうしようもないアングラ感というのは、やっぱり抜けないんです。そんなにポッとスマートになるというものではないと思うんです」

 唐の元を離れた小林は、久世光彦演出の向田邦子ドラマや『ふぞろいの林檎たち』、『ナニワ金融道』などに出演。瞬く間に多様な役を演じられる役者として重用される。しかし、そうした作品でもやはり、アングラの狂気の匂いはちらちらと顔をのぞかせた。

 小林の所作には、どこか諦観の境地がある。それは言葉少ないマスターからも感じるのだが、謎めいていて、俗っぽい欲望のようなものが見えてこないのである。小林はマスター像をこう解説する。

「マスターにドラマがあるわけじゃなくて、ガラッと戸を開けて店に入ってくるお客さんに秘めた事情がある。その聞き役、映像を観る人のガイド役みたいな感じで僕はいるだけなんです。よく冗談で言うのは、マスターは動くセット、喋る書き割り(笑い)。マスターのセリフは『あいよ』とか短くて少ないでしょ。マスターがどう思っているかはもうひとつつかめなくていい。

 木枯し紋次郎じゃないけど、かかわりのねぇことでござんす的にちょっと一歩引いて、お客さんの物語を受け止める役なんです」

 58歳だったマスターは、今年、65歳を迎えた。いずれ70歳のマスターも誕生するのかもしれない。

「最新作の自分の姿を見たとき、顎の下とか年を取ったな、と思いました。まぁ最初から若くはなかったけどね。ただ、料理を運んでくるたびに、けつまずくという爺さんのマスターであっても、面白いといっちゃ、面白いと思うんですよ(笑い)」

 年とともに、プライベートでの酒の飲み方も変わってきたという。

「昔は、プライベートのときは一切役者さんや監督とはつきあわなかったんです。デザイナーやコピーライターと酒を飲んでいた。でも、60歳近くになってから、もう一度、どっぷりと役者の世界に浸ってみなきゃダメだと思うところもあって、一緒にお芝居をやった若い役者さんと飲みに行く時間をつくっている。芝居の話はしなくても、役者的な時間の中にもうちょっと身を置いたほうがいいかなと思うから」

 芝居への情熱は、老いてもなお増しているということなのだろう。小林薫のクロニクルに、『深夜食堂』シリーズがどんな足跡を刻み続けるのか、期待は尽きない。

●こばやし・かおる/1951年生まれ。京都府出身。1971~1980年、唐十郎主宰の劇団「状況劇場」に在籍し、1970年代後半から映画やドラマに多数出演。2007年の映画『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』で第31回日本アカデミー賞最優秀助演男優賞を受賞。『深夜食堂』では、TVシリーズ版、劇場版と主演を務め、最新作『続・深夜食堂』が11月5日より全国一斉公開。

■取材・文/一志治夫
(C) 2016安倍夜郎・小学館/「続・深夜食堂」製作委員会

※週刊ポスト2016年11月11日号

【関連記事】
映画『深夜食堂』ヒット祈願で小林薫と常連客が勢ぞろい
小林薫 アングラな役者が『深夜食堂』にはよく馴染む
紅白落選小林幸子 チケットは売れず、営業ギャラも下落予想

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP