ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

海老蔵演じる五右衛門 「強い眼力でメロメロになる」の声

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 市川海老蔵(38才)が演じる天下の大泥棒・石川五右衛門が話題を集めている。『石川五右衛門』(テレビ東京系)は、海老蔵にとって13年ぶりの連ドラ主演作。これまで他の役者が演じた五右衛門とはひと味もふた味も違う“海老蔵五右衛門”とは? 時代劇研究家でコラムニストのペリー荻野さんがその魅力を解説する。

 * * *
 とにかく何をしても注目の男といえば、市川海老蔵である。その海老蔵が、今年はドラマと舞台で「石川五右衛門」を演じている。
 
 五右衛門は、秀吉の時代の天下の大泥棒。『真田丸』には出番はなかったものの(個人的には出てほしかった)、大河ドラマでも、『黄金の日日』の根津甚八、『秀吉』の赤井英和などが演じてきた。日本エンタメ界の人気キャラだが、海老蔵五右衛門はさすがに一味違う。
 
 表の顔は、京の都で評判の役者一座の座長・白波夜左衛門という顔を持つ五右衛門。実は一座のメンバーは全員が五右衛門の配下なのである。その顔ぶれは、仕掛けの名手・三上の百助(山田純大)、身が軽い情報通の足柄の金蔵(前野智哉)、おかっぱ頭で口が悪い盗人姿がキャットウーマンのような堅田の小雀(高月彩良)。彼らはいざとなると、ポーズを決め、声を合わせる。「五右衛門一家、見参だ!」

 やるねー。しかも、この五右衛門。天下人豊臣秀吉(國村隼)が大事にしている茶々(比嘉愛未)と出会い、ラブロマンスに発展? 男の色気をプンプンさせる五右衛門は、「町を見たい」と城を抜け出して事件に巻き込まれた茶々を助け、手持ちの巨大凧に乗せて、ふたりで空中ランデブー。夜景観賞と洒落こんだ。大坂城へと彼女を送り届け、別れ際に「いつかあんたを盗んでやろうじゃねえか」なんてことをしれっと言うのである。

 海老蔵の強烈眼力で見つめられて、メロメロにならない女はおりまっせん! ふつうの女子ならめまいで倒れてます!
 
 思えば、五右衛門は初回に捕り方に囲まれ、危機一髪という瞬間、金蔵が操る巨大な黒いコウモリ型の凧に乗って、見事脱出したのだった。バットマンもびっくり。三話では、追われた五右衛門一家が、次々と大きなつづらに入り、捕り方がさんざん槍で突いたものの、開けてみたらもぬけの殻で、五右衛門らはつづらの穴の下から脱出に成功していた。
 
 いったい凧はどこから飛んできて、凧糸はどこに固定してるんだよ、などと突っ込みたい人は多いと思う。しかし、細かいことにこだわらないのは、エンタメ時代劇のお約束なのである。五右衛門が軽く指パッチンしただけで指先に火がつき、特大の煙管からプカーっと煙をはいたって、悪の剣豪榊役のプロレスラー棚橋弘至が思いっきり振り下ろした刀を五右衛門が真剣白刃取り(素手で刀をぱっちんとはさんで止める)しても、オールオッケー。どこまでもミラクルを追求してもらいたい。

 それにしても、私が見ていて一番のミラクルは、ここ一番のときに出てくる五右衛門のあの大きな頭。巨大なキノコのようなこんもりしたあの髪型は、「五十日鬘」と言われるらしい。当時の男は五十日伸ばしっぱなしにするとあんな形になるとのことだが、あの重そうな頭で、アクションする海老蔵はすごい。

 五右衛門は最後に捕えられ、釜茹での刑に処せられたとも言われるが、海老蔵五右衛門は果たしてどうなるか。まさかのミラクルがあるかも。期待したい。

【関連記事】
今井翼と歌舞伎共演の片岡愛之助 連日の焼き肉で「破産寸前」
2002年に誕生した海老蔵の娘の近況 母「今が一番いい関係」
市川海老蔵の尻拭いした役者が「相当怒っている」と関係者語る

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP