ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【特選映画レビュー】『湯を沸かすほどの熱い愛』:宮沢りえのお母ちゃんに何度も何度も泣かされる

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


長年、映画ライターなんて仕事をしているとひねくれてくるもので、ポスターに”余命2ヵ月”なんて書かれてしまうと「また病気をネタにしたお涙頂戴モノか・・・」なんていう警戒心が先に立つ。しかし、『湯を沸かすほどの熱い愛』は、そんな先入観を根底から覆し、乾ききった心の薪に火をつけ、素直に何度も何度も泣かせてくれる素敵な”家族の物語”だった。

◇女優・宮沢りえの真骨頂!観客も思わず「お母ちゃん」と抱きつきたくなる

この映画の見どころは、何といっても宮沢りえが演じる母親像だ。”母の愛”を描いた作品は数あれど、これほどまでに“熱くて強い愛”に満ちた「お母ちゃん」は、未だかつてなかっただろう。

物語は、母娘2人で暮らす家庭から始まる。口うるさい母親・双葉(宮沢りえ)と、学校でイジメにあっている気弱な娘・安澄(杉咲花)。一見どこにでもある日常の中、体調を崩した双葉は余命2ヵ月を宣告される。失踪していた父親(オダギリジョー)を探し出し、連れ子と共に家庭に戻した双葉は、稼業の銭湯を再開し、残された時間で”家族”を作り上げていく


この物語のお母ちゃんは、決して子供たちだけのお母ちゃんではない。ストーリーが進むに従って、様々な”訳あり”な登場人物が現れ、それぞれの複雑な事情がひも解かれていくのだが、その誰にとっても双葉は「お母ちゃん」であり、お母ちゃんの言葉が登場人物に、そして観客の胸に染みわたる。恐らく、あなたも泣きながら心の中で「お母ちゃん!」と叫んでしまうことだろう。この映画で流す涙は、”死”への涙ではない。お母ちゃんの”愛”への涙なのだ。

◇観終わって心に残る双葉の言葉と母への想い


“強い!熱い!母”と言ってしまうと、なにか物語の中にしかいない特別なキャラクターに思えてしまうかもしれない。しかし、宮沢りえの演じる「お母ちゃん」は、本当は弱くて本当は寂しくて、だけど厳しく・優しく・気丈に振舞っている、生身の母親だ。だからこそ、観ている時には少し理不尽なところもある「お母ちゃん」の言葉も、観終わった後に腑に落ちて、ズシリと胸に残る。そして、誰しもが実際の母親に想いを馳せることだろう。もしも私が選考できるのならば、今年の最優秀主演女優賞は迷いなく宮沢りえに贈りたい。そんな希代の名演技だった。

以下蛇足になるが、この作品に1箇所だけ異を唱えるならば、「最後、何で赤にしちゃったの!?」という点だけだ。何の話か気になる方は、是非、劇場でラストカットにご注目頂きたい。私は普通に黒の方が良かったと思うんだけどな~(笑) しかし、そんな些末な点は抜きにしても、気持ちのいい”衝撃の結末”をどうぞお楽しみに。

◆画像・動画提供:「湯を沸かすほどの熱い愛」製作委員会

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 荏谷美幸) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP