ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

攻殻機動隊 浮世絵の最新作キターーッ!浮世絵のコアな手法"藍摺"で描かれた草薙素子が超COOOOL!!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

攻殻機動隊、草薙素子の木版画がまたやってきたーっ!

昨年秋頃に発表された「攻殻機動隊」×「浮世絵」プロジェクト

300枚限定だ!攻殻機動隊の草薙素子が職人の手による浮世絵になって発売です


浮世絵の熟練した職人たちが攻殻機動隊の世界を浮世絵として再現しました。攻殻機動隊のファンはもちろんのこと、浮世絵好きにも見逃せない、21世紀の「浮世絵」です。「攻殻機動隊」×「浮世絵」プロジェ…

このプロジェクトでは、攻殻機動隊のビジュアルの中でも人気の高いあのポスターイラストを浮世絵木版画で再現し300枚限定で発売。ネットを中心に海外でも話題になりました。

その「攻殻機動隊 浮世絵シリーズ」の最新作がついに登場です。既に予約がスタートしていますよ。今回の作品も元絵はあの人気ポスターですが、木版画の特徴でもある"摺り"の手法がかなり面白いんです。

今回の作品「Ghost In The Shell/攻殻機動隊 藍摺絵」がこちら。

Ghost In The Shell/攻殻機動隊 藍摺絵

何本ものケーブルに繋がれたお馴染みの草薙素子、相変わらずカッコいい!

今回の作品の特筆すべきは「藍摺」という手法で摺られていること。藍摺でくるあたり、かなりコアでキュンキュンしちゃう!藍摺絵とは日本人には昔から馴染み深い"藍色"の濃淡のみで表現する浮世絵の手法の一つ。

藍摺という手法は浮世絵が確立した江戸時代でももちろん使われていて、代表的な作品としては葛飾北斎の「富嶽三十六景 甲州石班澤」の藍摺が有名でしょうか。

葛飾北斎の「富嶽三十六景 甲州石班澤」

そんな、コアな手法を攻殻機動隊の浮世絵木版画に採用するあたり、今までのコラボ浮世絵とは違ってそそられますね。

摺りと彫りは前作同様、伝統工芸士による手仕事。藍色の濃淡の中にポイントとして使われている紅色がまた草薙素子の魅力を引き立てています。

さらに今回は浮世絵とともに 本染手ぬぐいも発売です。こちらは手拭い専門店「かまわぬ」と「攻殻機動隊 浮世絵シリーズ」とのコラボ商品になっており、紺地と白地の2種類からチョイスできますよ。

Ghost In The Shell/攻殻機動隊 本染手ぬぐい

ここ最近は様々なキャラクターが浮世絵木版画の作品として描かれることが多くなってきていますが、今回の攻殻機動隊浮世絵の藍摺を取り入れてくるあたりに惚れちゃったファンも少なくないのでは?

「Ghost In The Shell/攻殻機動隊 藍摺絵」はホームページで予約受付中。2016年12月中旬~2017年2月ごろに納品予定とのこと。

Otaku Works ショップ

日本の文化と「今」をつなぐ – Japaaan

関連記事リンク(外部サイト)

あらとっても素敵〜っ!さくらんなど、安野モヨコの美人画が浮世絵版画となって発売
ポケモンと浮世絵がコラボ!歌川広重、月岡芳年の作品にポケモンが放たれた浮世絵木版画が発売
タトゥーアーティストと漫画家に聞く、浮世絵師・歌川国芳の浮世絵と刺青の深〜い関係?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Japaaanマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP