ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google、「Google Wallet」のサービス画面をMaterial Design化、国内向けは「Googleペイメントセンター」に改名

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google が決済管理サービス「Google Wallet」のサービス画面を刷新しました。また、送金サービスを提供していない国の場合にはサービス名を「Google ペイメントセンター」に変更しました。それぞれ UI も異なっています。Google Wallet は Google Play ストアの決済に使用するクレジットカードを登録・管理したり、過去の決済履歴や Google Play 残高を表示するなどの支払い周りの機能を提供しています。米国などの海外では、他の Google ユーザーにお金を送金するサービスも提供されており、そういった国では上図のようなサービス画面で提供されています。日本で送金サービスは行われていないので、「Google ペイメントセンター」が提供されています。機能は以前の Google Wallet と同じで、Material Design 化されて情報が見やすくなっています。ここでは、クレジットカードやファミリープランのウォレットを管理したり、過去の決済履歴を確認できます。■ Google Wallethttps://wallet.google.com/

■関連記事
Samsung、「Gear」アプリでGear S3をサポート
Xiaomi Mi Note 2が本日発売、初回のフラッシュセールは50秒で完売に
Moto Mのハンズオン写真、Google Playアプリを搭載

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。