ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

イライラ解消にはカフェオレ?ストレスを軽減するテクニックまとめ

  • ガジェット通信を≫

イライラ解消にはカフェオレ?ストレスを軽減するテクニックまとめ
日常生活であなたを襲うイライラには、様々な原因があります。

今回はあなたを襲うイライラの原因、イライラすることであなたに及ぶデメリットを中心にお話していきながら、イライラしないための大切な方法をまとめていきますので、メンタル管理が上手になりたい方は必見です。

要チェック項目

□ストレスは日常生活の過ごし方と自律神経の影響を受ける

□イライラを解消するのにオススメの飲み物はカフェオレ

□ストレス解消のサプリもある

生活習慣が及ぼすイライラの原因は自律神経!?

生活習慣が乱れることは、お肌や健康をはじめとした、人間のほぼ全てのことに悪影響を与えるものです。これはもちろんあなたのイライラにも関係してきます。

ではなぜ生活習慣の乱れがイライラに関係してい来るのでしょうか? その答えは自律神経にあります。

自律神経とはあなたの心臓を動かす、寝ているときに体を回復させる、仕事中に自分を緊張させる。

といったあなたが意識していない部分で、あなたの生命活動や日常を支えている「あなたを無意識にコントロールしているものです。」この自律神経には、交感神経と副交感神経の2種類が存在します。

簡単に説明すると交感神経があなたが起きて仕事をしているとき、副交感神経があなたが寝ているときに活動する自律神経になります。

例えば今日、あなたに嫌なことがあったとしましょう。寝る前にずっとその嫌なことが頭から離れなければ、交感神経が副交感神経にお仕事をバトンタッチすることができません。

そうなればあなたの眠りの質は落ち、内臓は上手に休憩できず、悪いコンディションのまま明日を迎えることになってしまいます。

食欲がない、おなかの調子が悪い、眠い、頭が痛いといったハンデを背負ったまま仕事に挑めば、仕事はうまくいくでしょうか?このようなことからあなたのイライラが来ている可能性も考えられます。

つまり生活習慣を整え自律神経がきちんとお仕事をできる環境をあなたが意識的に整えることが、とても大切な要素になってきます。

嫌な気持ちを別の何かで紛らわすテクニック

趣味に打ち込

心から楽しいと思えることをしている最中に、無意識に嫌なことは考えにくくなります。そのため嫌なことがあったときは、「これをやればどんなことも忘れて夢中になれる」といったことをやるという方法があります。

ひたすら食べる

次の日の体調などに気を付けなければいけませんが、食べることにより脳が満たされ、嫌なことを考えにくくなります。

ストレスが原因で睡眠不足になり、寝不足が原因でお仕事がうまくいかないというトラブルを回避するためにも、我慢を忘れて好きなものを好きなだけ食べて寝るのも一つの手です。

根本的にイライラしないために心掛けること

なぜこんな結果を考える

誰かに嫌なことを言われたら、相手の目線に立ってなぜこのようなことを言われたのか?相手はどういう気持ちだったのか?という風に相手の目線でなぜこのようになったのか?を考えてみましょう。

そうすることで自分の悪かった点が見つかり、改善することで今のストレスも今後の人間関係も改善されていくことでしょう。

時間に余裕を持つ

毎日仕事に行く時間もギリギリで、嫌なことを後回しにしている生活を送れば、常に追い詰められた状況になり、自分のポテンシャルを発揮することができずにいい仕事ができなくなります。

早寝早起き、やらなければいけないことは最優先にやってしまう習慣をつけることで、ストレスのかかり方が大幅に変わってくることでしょう。

イライラを解消するのにいい飲み物は?

カフェオレ

ストレスにカルシウムやたんぱく質がいいということはなんとなく皆さんご存知だと思うのですが、カフェオレには、カルシウムやたんぱく質が含まれていて、ストレスを解消してくれますし、カフェインを取ることで目も覚ますことが可能です。

あまりカフェインや糖分を取りすぎると別の問題も出てきますので、あくまでストレスを解消したいという目的で飲まれる場合は少量に留めておいたほうがいいでしょう。

お昼休みにはコンビニで小さいものを買ってみるといいかもしれません。

ワイン

嫌なことがあってなかなか眠れないときはワインを飲むといいでしょう。ワインにはイライラ解消の効果があり、エタノールの効果により眠たくなってしまいます。

そのため嫌なことがあって眠れないという方は、少量のワインを飲んで寝ることですっきりと次の朝を迎えることができます。

イライラはストレスの原因を考えることが大切!?

今回はイライラについての情報をまとめてみましたが、人間関係からくるストレス、毎日の生活習慣からくるストレス、といったようにストレスは原因を見つけることで解消できることがありますので、

もしイライラに苦しんでいるのであれば、原因を突き止めてみるのもいいかもしれません。

(監修:Doctors Me 医師)

関連記事リンク(外部サイト)

受験生の方は必見!今すぐできる集中力を維持する4つの心がけ
無音状態における心身の変化 人は静けさで発狂する!?
ローズマリーの香りで認知症予防?あなたを癒す7つのアロマ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。