体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

視力の悪い人に朗報! 夜つけて寝れば、日中裸眼で過ごせる方法がある!?

f:id:ponparemall:20161027123507j:plain

コンタクトレンズを長年愛用している方、多いですよね。“長時間使用していると目が乾いたり、違和感があったりする”という方や、日常的にスポーツをしている、過酷な環境下(乾燥、高温、低温、ほこりっぽいなど)で働いている…などという場合は、裸眼で過ごすのが一番です。とはいえ視力が悪いと、コンタクトやメガネなど、わずらわしく感じることもある視力矯正アイテムは必須。裸眼を優先させたいなら、レーシック手術を受けるという手もありますが、メスを入れるのは怖い…。そんな方に朗報です。なんと、寝ている間に視力を矯正してくれるコンタクトレンズがあるのです!

寝ている間に視力を矯正する、そのしくみは?

f:id:ponparemall:20161027123525p:plain

画像提供:ユニバーサルビュー

睡眠中に専用コンタクトレンズをつけるだけで翌朝視力が回復するという、魔法のような視力矯正法を「オルソケラトロジー」というそう。そのしくみや取り入れ方などについて、オルソケラトロジー専用のコンタクトレンズ「ブレスオーコレクト」を開発した医療機器ベンチャー「ユニバーサルビュー」の橋本雅さんにうかがいました。

f:id:ponparemall:20161027123541g:plain

画像提供:ユニバーサルビュー

「オルソケラトロジーとは、アメリカで始まった、手術なしで視力を回復させる治療法です。寝るときに特殊なカーブのついた専用レンズを装用し、角膜をほんの少し平らに矯正することによって、翌朝レンズをはずしても角膜の形状が維持され、視力が良くなるのです」(橋本さん・以下同)

f:id:ponparemall:20161027123617j:plain

画像提供:ユニバーサルビュー

でも角膜の形を矯正するとなると、けっこう時間がかかりそうですよね。どのくらいで効果を実感できるのでしょうか?

「一般的には一週間ほど続けて装用すると、日中裸眼で過ごせるようになるという方が多いです。なかには、数時間から数日で効果を実感できたという方もいらっしゃいます。効果の出方は、近視の度合いや年齢によって変わるといわれています」

効果を実感した後も毎日装用しないと視力を維持できない人もいれば、週に2、3回の装用で安定して効果を得られる人もいるのだとか。便利な治療法ですが、装用し続けないといけないというところが気になります。

「確かに手術をするわけではないので、装用を中止すると角膜が元の形状に戻ってしまいます。ただそれは、やめたいときにやめられるというメリットでもあると、我々は考えています」

装着した感じも気になります。普通のコンタクトレンズと同じような装着感なのでしょうか?

「ハードレンズなので、ソフトレンズしか使ったことのない方は、最初だけ少し違和感があるかもしれません。ただ、次第に慣れてきますよ。弊社製品は折り曲げても割れない素材を使っていて、酸素透過性も一般的なハードレンズの約1.5倍あるので、夜間の装用も安全です」

1 2次のページ
ポンパレモール、やってます。の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。