体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

親知らず抜歯後の注意点! 知っておきたい対処法まとめ

親知らず抜歯後の注意点! 知っておきたい対処法まとめ
親知らずの抜歯は非常に大変な治療で、抜歯のあとにも正しいケアを行う必要があります。

親知らず抜歯後の注意点を知らないと、実は厄介な病気を引き起こすこともあるので、親知らず抜歯後のケアに要注意なのです。

要チェック項目

□親知らずを抜いたあとにはうまく鎮痛剤を使うことが大切

□抜歯後に口をゆすぎすぎると思わぬトラブルを招くこともある

□食事の内容や食べ方にも注意が必要なので、しっかりと歯医者さんと相談しよう

親知らずの治療 <口腔外科>

親知らずの抜歯治療は実は歯科医学の世界では手術として認識されるほど非常に重要な治療なのです。

親知らずの抜歯を難しくする要因として、親知らずの形状、口の奥にあることによる器具の扱い、下顎の中にある血管神経が通っていることが挙げられます。

また、普通の歯とは違い親知らずはほとんどの人が歯が骨の中に埋まってしまっている埋没歯という状態になっています。簡単に歯を掴んで抜くことができず、粘膜を切開し、歯を抜くことになります。

このため、親知らずの治療を行うには通常の歯科治療を行う歯科医師ではなく、お口の中の外科的な処置に長けた口腔外科という分野の歯科医師が治療を行うことが一般的です。具体的な治療は以下のような治療を行います。

1.歯茎を切開する

まず親知らずの治療は歯茎の切開から始まります。実は歯茎を少し切開してしっかりと親知らずを露出させた方が治療が早く終わり、治癒も容易なので基本的に歯茎の切開を行います。

出血するのでは?と心配になるかもしれませんが、出血が続いたとしても麻酔薬の中の止血成分によって実際はかなり出血が抑えられるのであまり心配しなくても大丈夫です

2.骨を削る

骨を削り親知らずを露出させることで親知らずをくだいて取り出せるようになります。小さく壊した状態で親知らずを取り出した方が痛みも少なく、短時間で取り出せるので、このような治療法を取ることが一般的です。

3.歯を小さく砕いて取り出す

親知らずは大臼歯にしては小さい歯なのですが、やはり骨の中に埋まってしまっている状態では簡単に取り出すことはできません。このため、小さくドリルで砕いて摘出することで骨や歯茎へのダメージを抑えているのです。

4.縫合する

縫合を行うことは傷口の治癒を早めてくれます。ドライソケットなどのトラブルを防ぐためにも縫合をしてもらった方がいいことが多いので、一般的な親知らずの治療では縫合まで含めて行うことが一般的です。

このような治療は一般の歯科ではあまり行われていませんので、親知らずで困った場合には口腔外科を標榜している歯科医師に相談にいく必要があります。

お口のゆすぎすぎに要注意!

親知らずの抜歯を行った後によくおこす間違いがお口のゆすぎすぎです。親知らずの治療は通常骨を削り、その後に歯を割ってから少しずつ親知らずを取り出します。

このため、歯茎を切開したりと出血することが大半です。この出血は親知らずの治療が終わった後にも続き、この出血は治療後にお口の中で不快感を引き起こします。

また、治療を行った後に食事を取る際に人によっては歯が植わっていた穴に食べ物が入るのを心配する方がいます。このため、お口の中を水ですすぎすぎてしまう方がいます。

お口の中を水ですすいでしまうと血液が溶かされてしまったり、歯が植わっていた穴に入っていた血液のかたまりを洗い流してしまいます。

こうなってしまうと骨がむき出しになってしまい、骨の表面で最近が繁殖した〈ドライソケット〉になってしまいます。

このような〈ドライソケット〉になってしまうと長期間にわたり痛みが続き、日常生活に大きな支障をきたすので、お口をすすぎすぎるのは禁物です。

食事をした後にも歯磨きを普通に行い、軽く口をゆすぐ程度にとどめておくのが正しい対処法です。もし万が一〈ドライソケット〉になってしまったら歯科医院に行き治療を受ける必要があるので、注意しましょう。

親知らずの抜歯後は食べ物に気をつけよう

親知らずの抜歯を行った後には食べ物に注意が必要です。抜歯後には痛みが強く、傷口がまた完全に治っていないことが大半です。このため刺激の強い食事や出血を引き起こすような食事には注意が必要です。

お口の中を刺激するような食事の特徴には以下のような特徴があります。

・辛い食べ物

1 2次のページ
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。