ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

トヨタ、スマートフォンで車のキーを操作できる新デバイス「SKB(Smart Key Box)」を開発

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
トヨタ自動車は 11 月 2 日、スマートフォンで車のキーを操作できる新デバイス「SKB(Smart Key Box)」を開発したことを発表しました。SKB は車のライドシェアサービスにおけるキーの受け渡し問題を解消すべく開発されたデバイスです。SKB は車のドアロックを開閉したり、エンジンを始動させることが可能な製品で、ライドシェアサービスの提供者から受け取った SKB へのアクセスキーをスマートフォンに入れて車に近づくと、車内に設置された SKB が認証し、スマートフォンから車のキー操作が可能になります。セキュリティを確保しながらキーの受け渡しを容易にする製品です。トヨタは来年 1 月より米国の Getaround 社と連携して SKB を利用したライドシェアサービスのパイロットテストを行うほか、国内でも、トヨタレンタリースなどのレンタカー業者への導入を検討するとしています。Source : トヨタ

■関連記事
ZenFone 3 DeluxeのNFC検出エリアはディスプレイ側、マニュアルにミス
ウェザーニューズ「地震津波の会」アプリが緊急地震速報のキャンセル報のプッシュ通知に対応
LG、次期フラッグシップ「G6」で虹彩認証機能を採用か?

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。