ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

大吉・中吉・笑吉!? 引いた時から笑顔が絶えないおみくじの正体とは

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
111129syoukichi02.jpg

photo by 往馬大社公式サイト

奈良県生駒市にある「往馬大社(いこまたいしゃ)」。

先日、ここで素敵な体験をしたのでご紹介したいと思います。

この往馬大社は、生駒山をご神体として祀られた日本有数の古社。とても由緒正しく、広い境内は大きな自然に囲まれ、とても居心地のいい神社です。

 
さて、そんな往馬大社に足を運びました。実は私は、奈良県生駒市に住んでおりまして、毎年、初詣はこの神社に参拝します。

歩いて、往復40分ぐらいの距離ですが、その日はウォーキングを兼ねて、往馬大社まで来ました。本殿前まで行くと、七五三をしていて家族連れの参拝が多いこと! きれいに着飾った子供達が恥ずかしそうに写真を撮る姿がかわいかったです。

私は、ウォーキング中だったので、スポーツウェア。凄く恥ずかしかったのですが、境内全ての神様に参拝。そんな私に、たまに挨拶してくださったのは、地元の方でしょうか? 地域の人に愛されている感じがわかるのがいい! 自然と自分が笑顔になってるのがわかりました。

そして、私は御札所の前を通った時に、おみくじを引くことを思いつきました

持っていた小銭入れからお金を取り出し、巫女さんにお願いしておみくじを引きました。出てきた番号がわからず、巫女さんに見ていただくと、「13番です!」と言って、私におみくじを渡してくれました。

そのおみくじには、こう書いてあったのです。

111129syoukichi01.jpg

※画像クリックで拡大
第十三番 笑吉

おみくじというのは、大吉・吉・中吉・小吉・末吉・凶というのが、私の概念でした。何かの間違いか? と思い、見直したけどやっぱり「笑吉」。

ちょっと気になったので、巫女さんに、「あの、笑吉って書いてるんですけど、これは特殊なおみくじで、他にも○○吉のような特殊なものがあるんでしょうか?」と聞いてみました。すると

「いえ、この十三番の小吉だけ『笑吉』としているので、他は大吉・吉……などですよ」

と説明を受けました。

わらう門には福来たる」と書いたそのおみくじを見ていると、もう顔が自然と笑顔になるしかなくて、それから毎日眺めては笑っています。笑顔の力が効いたのか、心なしか運も上向きになって、ツイてる事が多い私。

笑吉」なんておみくじは、どこにでもあるものなのだろうか? いろいろ調べてみましたが、そんな情報が見当たらず、私はこのおみくじの事を改めて、往馬大社の宮司様にお伺いしました。

すると、このおみくじはやはり往馬大社で考えられたこの神社のオリジナルなんだそうです。

このおみくじには「わらう門には福来たる」の言葉どおり、笑って過ごせるようにという想いが込めて作られたそうです。

十数年前に登場したというこのおみくじ。私も私の家族も何度もここのおみくじを引いていましたが、「笑吉」は初めてでした。

実際、私はこのおみくじを引いてから、仕事面や人間関係でいい事が続き笑いっぱなしですし、神社で見かけた地元の方たちの笑顔を思い出すと、その神社の願いは、しっかりと伝わっているようです。

このおみくじに書いてありますが、

いつも心を明るくもち、物事に積極的に取り組めば、自ずとよい巡りあわせがある

これって、その通りだなと最近思うようになりました。

生駒山の自然のパワーや祀られている神様のご利益に加え、参拝した人に幸せになって欲しいと願う人の想いも感じる素敵な体験でした。

往馬大社公式ホームページ
(西脇聖)


(マイスピ)記事関連リンク
神社って何をするところ? 神道の「祈り」って何? 神社本庁総長・田中恆清宮司の講演で聞いてきました
神社本庁総長×環境意識学の専門家の講演で見えてきた、日本人としてのこれから
ネットで恋愛成就祈願ができる! 月9ドラマ『私が恋愛できない理由』と縁結びで有名な氣多神社のコラボ企画

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。