体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【Wii U・3DS】ニンテンドーeショップでインディゲーム2作品が配信

現在では個人・小規模開発の作品として、多くのインディゲームが配信されている。その中には、プレイステーション4(PS4)やニンテンドー3DS、Wii Uなどでのゲームハードに配信される作品も増えてきた。今回、そんなインディゲームから2作品『トルクル(TorqueL)』、『シェフィ―Shephy―』の配信が決定したので、紹介したい。

両作品とも、既にコンシューマ機やPC版、スマートフォン版などで配信されている作品となっており、プレイヤーからの人気を得ていた作品となっている。

トルクル(TorqueL)

 
「TorqueL」は2013年にプロトタイプが発表されて以来、国内外で数々の賞を受けてきたパズルアクションゲーム。これまでにもPS4、PSvita、PC向けに配信が行われている。キャラクターが入ったハコを転がしたり、伸ばしたりして進む。2D回転アクションゲームとなっている。

舞台となるステージでは、ただ転がるだけ、伸ばすだけでは越えられないところも。そんなときは、ハコを伸ばしたまま転がることで、ジャンプで乗り越えたり、飛び越えたりすることができる。プレイヤーはハコを操作してそれぞれのステージのゴールまで移動させることが目的だ。

ステージによっては、入るゴールによって7つのルートに分岐し、特殊な条件で入ることができる隠しルートも存在。それぞれのルートでは最後に色の付いたゴールが出てくる。色の付いたゴールに入るとそのルートはクリアとなる。全50のステージが存在。また、ゲームの進行とハコの転がりに合わせて、佐野電磁氏作曲の専用BGMが再生されるのもポイントだ。
Wii U・3DS ニンテンドーeショップ インディゲーム

また、2016年11月13日開催の同人&インディーゲームオンリーイベント「デジゲー博2016」のブース(E-08a FullPowerSideAttack.com)にて、Wii U版「トルクル(TorqueL)」購入者を対象として「トルクル(TorqueL)ミニマグネット」をプレゼントされるとのこと。購入証明方法やプレゼントの流れなどの詳細は出展概要に記載されている。本キャンペーンはデジゲー博準備会公式ではなく、サークルの独自企画となる。

なお、もぐらゲームスでは以前に制作者のなんも氏へのインタビューも実施している。

関連記事:
「TorqueL」の制作者が語るインディーゲーム事情―FullPowerSideAttack .comなんも氏インタビュー

対応機種:Wii U
配信日:2016年11月9日
販売価格:1000円(税込) ※ニンテンドーeショップ ダウンロード専用
ジャンル:2D回転アクションゲーム
プレイ人数:1人
CEROレーティング:A(全年齢対象)
紹介ページ(任天堂ウェブサイト): https://www.nintendo.co.jp/titles/20010000023691

シェフィ―Shephy―

『シェフィ』は、ひつじを1匹、2匹……と言わず、10匹、100匹、そして1000匹を目指してどんどん増やしていく、かわいらしいデザインが特徴的なユニークな「一人用」カードゲーム。スマートフォン版が2016年7月に配信されていたが、今回ニンテンドー3DSでも配信が予定されている。

1 2次のページ
もぐらゲームスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。