ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ケータイ電波をジャミングする電波妨害機とは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

使用不可の注意書きがあるにもかかわらず、車内や館内でケータイ通話をする人はいるもの。とはいえ注意をしてトラブルになるのは極力避けたいところです。そんなときに使えそうなのが、ケータイの電波をジャミングする「電波妨害機」。いったいどんな装置なのでしょう?

ジャミングで電波をシャットアウト

防犯対策ネットの電波妨害機「BN-JAMMER」は、設置すればスマホ、Wi-Fi、Bluetooth、GPSなどの電波をジャミングしてシャットアウトできるというもの。これならケータイの利用マナーのトラブルを根本から絶てるかもしれません。

電波妨害機の使い方は、まず機器上部にある6つのコネクタに同じ番号が記されたアンテナを装着します。サイドにある6つのスイッチから、各番号の周波数帯のみを遮断できるというわけです。

さっそく、電波妨害機の電源をONにして、スマホの電波反応を確認してみました。なお、実験は電波暗室にて行っています。変化がおきたのは、BN-JAMMERの電源をONにしてわずか10秒ほどです。

GPSのジャミングにも対応している

スマホのLTE表示に×印が付き、Wi-Fiのマークが消えてしまいました。Googleに接続を試みるも、アクセスは不可能。「オフライン」と表示され、確実に電波はジャミングを受けているようです。

ちなみに、この電波妨害機はGPSのジャミングにも対応しています。カーナビやGPSロガーによる追跡や監視があっても、GPSをジャミングして逃れられるということです。活用範囲の広い製品といえるかもしれません。

電波妨害機の動作時間は最大3時間で、電波遮断範囲は最大20mです。対応機器・周波数は、ケータイ・4G・Wi-Fi・Bluetooth・GPS・車両無線LAN。サイズは76W×217H×35Dmmで、重さは400gです。実勢価格は42,984円となっています。

関連記事リンク(外部サイト)

赤外線フィルターを使った透視撮影にトライした
赤外線カメラに改造されたLUMIXを使ってみた
赤外線カメラで透視や暗視ができるメカニズムとは
コンクリートマイクを実際に壁越しで試してみた
赤外線ライトで誰にも気づかれずに暗視をする

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP