ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

24時間運転が基本の空気清浄機 フィルター交換不要が人気

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 空気清浄機は、24時間つけっぱなしが基本。つけっぱなしでも、電気代はほとんどの製品が1時間1~2円前後と安い。むしろコストがかかるのはフィルター代のため、最近はフィルター交換なしで長期間使用できるモデルが好評だ。かつ、飽きがこないシンプルデザインが増えている。

“きれいな空気をつくる箱”をコンセプトにデザインされたのは、ダイキン工業の『MCK70T』。壁や床になじみやすいように、直線的なデザインになっているのが特長だ。

 ボタン一つで設定できる「おまかせ運転」で、使い勝手も従来と比べ、向上している。「おまかせ運転」中は、部屋の空気の汚れや湿度・室温を自動で見分け、最適な運転をしてくれるしくみだ。乾燥しやすいこの季節、自動で適度な湿度に加湿してくれるのはありがたい。空気清浄や加湿が必要ない時は運転を止め、「みはり運転」に切り替わるためムダもない。

 ダイキン工業の空気清浄機は、ダニのフン・死骸や花粉といったアレル物質などの分解効果があるとされる「ストリーマ技術」や、プラスとマイナスが引き合う性質を利用した「電気集塵方式」の採用も魅力だ。「電気集塵」は、アレル物質などをプラスに帯電させ、マイナスに帯電した静電HEPAフィルターで吸着する方法。フィルターが目詰まりしにくく、10年後も集塵力が落ちにくいため長期利用に向いている。

 空気清浄機は花粉対策を目的として使用する人も多い。花粉除去に特化したのは、パナソニックの『F-VXM90』だ。なんと、花粉除去性能は従来機『F-VXL90』と比べて約2倍。これは、「ツインルーバー」を新形状にすることで、気流を左右に分けて2本送り出せるようになったことにある。従来の1本の気流と異なり、吸い込む気流が噴き出す気流に誘引されにくいため、舞い上がりを軽減し、的確に吸引できるようになったという。

 また、花粉の抑制効果があるとされるOHラジカルを従来比の10倍生成できる「ナノイーX」を新搭載。これにより、花粉の無力化も強力にサポートしてくれる。「ナノイーX」は衣類に付着した花粉の抑制効果もあるほか、においの脱臭、さらにお肌のうるおい効果も期待できるといい、一年中活躍の場があるといえる。

 どの製品も、頻繁なフィルター交換は不要とはいえ、定期的な掃除は必須。購入時には手入れのしやすさも確認しておこう。

※女性セブン2016年11月17日号

【関連記事】
PM2.5の影響で空気清浄機の売り上げが例年の倍以上になる
空気清浄機 「イオン機能よりも吸引力で選ぶべき」と専門家
“放射能カットする”と10万円で古い空気清浄器売る詐欺横行

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。