ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【秘境】誰にも教えたくない魅惑のリゾート!クラビ島に行くべき5つの理由

DATE:
  • ガジェット通信を≫

世界にはビーチリゾートと呼ばれる場所がたくさんありますが、ここクラビはリゾートであり「秘境」と呼ぶにふさわしいスポットとして近年人気を集めています。人気の理由はクラビ島のもつポテンシャルにありました。ではなぜ今「クラビ島」なのか、5つの理由にスポットを当ててご紹介します。

1.エメラルドグリーンが美しい!


クラビ島のビーチの一番の魅力は海の透明度とその美しさにあります。濁りひとつない海と文字通りエメラルドグリーン色に輝く海は、このクラビ島の最大の自慢でもあります。ただただ時間を忘れて海辺でゆっくりするのも良いですが、アクティブな方にオススメしたいのはロッククライミングやカヤッキングなどのアクティビティ。天気に左右されることはありますが、ビーチから離れた場所までいくとまるで映画のワンシーンかのような美しい景色が広がっています。

2.洞窟がおもしろい!


ビーチが有名なクラビ島ですが、忘れてはいけないのは洞窟にある壁画の数々。実はここは海の侵食の影響で、先住民たちによる洞窟に描いた壁画が発見された場所でもあるのです。とくに「ピー・ホアトー洞窟」という場所では遺跡から古代の人々の生活を見ることができると観光客には人気のスポット。ツアーも開催されているので、ぜひ参加してはいかがでしょう。一見の価値ありです。

■あわせて読みたい
タイ旅行者は要チェック。国王ご崩御で気をつけたい旅の言動3つ
絶品タイ料理に感動。タイのナイトマーケットで一番人気のお店20

3.そこまで観光地していない!


リゾート地といえどこのクラビは手付かずの自然が多く残る場所で、クラビのビーチは、環境保護の観点からジェットスキーなどモーターを使用するウォータースポーツが禁止されています。パーティー出来るような場所も極端に少ないクラビは、王道のプーケットなどと比べるとそこまで観光地化されているわけではなく、ゆっくりとした時間を楽しむことができます。なんと沖合には130以上の島々が点在しています。そして特筆すべきは130にものぼるクラビ島々! シーズンや場所を選べば無人島に自分だけ、なんてシチュエーションを楽しむことだって出来ちゃいます。

4.リゾートなのに格安!


前述した通りプーケットのように観光地化しすぎてないということもあってか、ここクラビ島はそこまで物価が高い訳ではありません。アオナンビーチ界隈にあるホテルは一泊500円から泊まれるバックパッカーに人気の安宿から、プール付きのラグジュアリーホテルまでその様式はさまざまですが一様に格安で楽しむことができます。カヤックだってワンデイツアーで1500円ほどなので、躊躇せずにいろいろ挑戦したい方にとっては嬉しい魅力が満載なんです。

5.アクセスが楽!


首都バンコクからはバスで12時間ほどの距離にあるクラビですが、バンコクークラビ間の直行便フライトが運行しているのは嬉しいポイント。時間は1時間20分ほどで、LCCのエアアジアなどを使うとなんと片道1500円ほどで来ることが出来ちゃうんです。早い・安い・美しいの三拍子揃ったクラビ島に今年はぜひ行ってみてはいかがでしょう?

※2016年11月現在、タイは地域により外務省から渡航注意が出ております。渡航検討の際は、必ずご確認ください。

■あわせて読みたい
【連載】海外一人旅!初心者・女性にもおすすめの国はどこ?/第1回「タイのバンコクで3つのハッピーを味わう旅」
【タイ】タオ島のホワイトロックでダイビングをしたらこんな絶景が待っていた

[Amazing Thailand]
[Your Krabi]
[Air Asia]
[All Photos by shutterstock.com]

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP