ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

あいみょん、世界初となる「生きてたんだよな」の“リアルタイム・ツイートムービー”が完成

DATE:
  • ガジェット通信を≫

きゃりーぱみゅぱみゅ、高橋優、RIP SLYMEらが所属するワーナーミュージック内レーベルのunBORDEから、11月30日にシングル「生きていたんだよな」でメジャーデビューを果たすシンガーソングライター、あいみょん。同曲の“リアルタイム・ツイートムービー”が完成した。

あいみょんの「生きていたんだよな」にインスパイア、制作された映像作品は、世界初となる“リアルタイム・ツイートムービー”! 通常のMVとは異なり、YouTubeライヴで配信されるという画期的な映像となっている。

また、“リアルタイム・ツイートムービー”とは、Twitter内から“死ね”というキーワードが含まれるツイートを約4分ごとに読み取り、ほぼリアルタイムにムービーへと反映する世界初の映像表現。ムービーの中で街や自然現象を作る“言葉”は、実在のツイートに合わせて変化する。あいみょんの楽曲と新しい映像表現が織りなすクリエイティヴ。ぜひ何度もアクセスして、その変化を堪能してみてほしい。

「生きていたんだよな」リアルタイム・ツイートムービー
https://www.youtube.com/channel/UCG8MvaPCa2ecKH3GZyFxduA/live

■作品コンセプト

「死ね」……そんな言葉がネットには溢れています。“リアル”には見えづらい人々の心の闇。しかし、私たちはそれが可視化される世界に生きている。寛容や優しさが埋もれ、見えづらい世界。それこそが今を生きる私たちの“リアル”です。そんな世の中に生きづらさを感じ、心が打ちひしがれそうになる女子高生と、彼女に「生きて」という強く確かな言葉を投げかける、あいみょん。彼女たちの心のやりとりを通じて人間の“生”を肯定する作品となっています。

■スタッフなど映像の概要

クリエイティブディレクター:世瀬健二郎(電通)

プランナー:井上慶彦、荒木雅(電通)

プロデューサー:細川修平(太陽企画)

ディレクター:古屋遥

テクニカルディレクター:山中雄介(AID-DCC)

アートディレクター:岩井宏和(RADICAL)、出雲優子(電通)

デザイナー:亀山雄太(RADICAL)

シングル「生きていたんだよな 」
2016年11月30日(水)発売

WPCL-12398 /¥1,080(税込)

<収録曲>

M.1 生きていたんだよな

M.2 今日の芸術

M.3 君がいない夜を越えられやしない

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP