ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

電通、VRビジネスを促進する横断的組織「Dentsu VR Plus」を設置

DATE:
  • ガジェット通信を≫

株式会社電通は、VR領域をビジネス化する目的で、グループ横断組織「Dentsu VR Plus」(電通VRプラス)を設立することを発表しました。

Dentsu VR Plus
以前から電通グループ各社はVR領域に取り組んできましたが、2016年が「VR元年」と呼ばれるようになった状況を受け、VRに関する専門的なソリューションの提供、またVRのみならず、そこから派生するビジネス全体を包括してサポートしていくとのこと。

具体的には、すべての業界を対象に次の3つのサービスを提供していきます。

1.VRを活用した広告ソリューションの提供
これまで同社が培ってきたVR関連プロジェクトにおけるノウハウを元に、VR動画やVRツールの企画制作をはじめ、VRを活用したキャンペーンやイベントの提案・実施を推進。

2.VRを活用した事業開発
VRを活用したビジネス開発に関心がある企業向けに、VR活用に関するコンサルティングと事業開発支援。

3.VR関連市場の創造と発展への貢献
一般社団法人VRコンソーシアムとの連携により、市場の創造と発展への貢献。専門家や有識者とのネットワークを活用したVR関連情報の発信も実施。

なお、広告代理店の取り組むVRビジネスとしては、10月18日に博報堂がVR・AR専門ファクトリー「hakuhodo-VRAR」の設立を行っています。

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Mogura VRの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。