ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【米ビルボード・アルバム・チャート】ガガ4作連続首位! ブーブレ、ペンタトニックス、コーンなどTOP20圏内に11作が初登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 現在来日中の、レディー・ガガの新作『ジョアン』が、4作連続のNo.1デビューを果たした、今週の米ビルボード・アルバム・チャート。

 これで、2ndアルバム『ボーン・ディス・ウェイ』(2011年)から、4作連続で首位デビューを果たした、レディー・ガガ。本作『ジョアン』からの先行シングル「パーフェクト・イリュージョン」は、最高位15位をマークするも、TOP10入りしないまま圏外にダウンしたため、アルバムのセールスにも影響を及ぼすかと思ったが、結果、初動枚数は20万枚を超える高セールスをマーク、2位以下と大きく差をつけての、堂々の首位獲得となった

 20万枚の内、実売(CDセールス、ダウンロード数)は17万枚。アルバムが売れず、ストリーミングでポイントを稼ぐアーティストが多い中、この数字はなかなかのもので、アメリカのみならず、主要各国でも高セールスを記録、UKでは3位、オーストラリアやカナダ、ニュージーランドでは2位に初登場している。ジャパン・チャートでのTOP10入りも確実で、来日中のプロモーションが、大きく数字にも反映するだろう。

 9万枚を獲得して2位にデビューしたのは、ジャズ・シンガーのマイケル・ブーブレ、通算9枚目のスタジオ・アルバム『ノーバディ・バット・ミー』。2005年の4thアルバム『イッツ・タイム』(最高位7位)から、6作連続のTOP10入りとなったが、初のNo.1獲得を果たした『コール・ミー・イレスポンシブル』から続いていた、5作連続のNo.1獲得は逃し、前作『トゥ・ビー・ラヴド』(2013年)の初動枚数からも、数字を大きく落とす結果となった。

 3位には、ア・カペラグループ、ペンタトニックスの第2弾クリスマス・アルバム『ペンタトニックス・クリスマス』が初登場。2014年にリリースしたクリスマス・アルバム『ザッツ・クリスマス・トゥ・ミー』が、最高位2位をマークし、アメリカだけでも150万枚を超える大ヒットを記録。昨年末にリリースした4thアルバム『ペンタトニックス』は、自身初のNo.1デビューを果たし、3年連続でTOP3入りをする快挙を成し遂げている。クリスマスまで、ロングヒットすることは間違いなくさそうで、ランキングもさらに伸ばすかもしれない。

 4位には、ヘヴィメタル・バンド、コーンの新作『ザ・セレニティー・オブ・サファリング』がデビュー。約3年ぶり、通算12枚目となるスタジオ・アルバムで、最高位3位をマークした2ndアルバム『 ライフ・イズ・ピーチィ』から11作連続のTOP10入りを果たした。

 9位にはトランス・シベリアン・オーケストラが、10位にはシンガー・ソングライターのレナード・コーエンの新作が初登場。TOP10以下にも、プリティー・レックレス(13位)やアイ・プリヴェイル(15位)、ロックバンド、ジミー・イート・ワールドの新作『インテグリティ・ブルース』が17位にデビューするなど、TOP20内、11作が初登場作品という、リリース・ラッシュのアルバム・チャートとなった。

Text:本家一成

◎【Hot200】トップ10
1位『ジョアン』レディー・ガガ
2位『ノーバディ・バット・ミー』マイケル・ブーブレ
3位『ペンタトニックス・クリスマス』ペンタトニックス
4位『ザ・セレニティー・オブ・サファリング』コーン
5位『ヴューズ』ドレイク
6位『ネヴァー・ルーズ・サイト』クリス・トムリン
7位『スーサイド・スクワッド』サウンドトラック
8位『ハミルトン』サウンドトラック
9位『ザ・ゴースツ・オブ・クリスマス』トランス・シベリアン・オーケストラ
10位『ユー・ウォント・イット・ダーカー』レナード・コーエン

関連記事リンク(外部サイト)

11月12日付 The Billboard 200 全米アルバムチャート
11月12日付 Billboard HOT 100 全米ソングチャート
ボウイの元ドラマー、ガガによるグラミー賞トリビュート参加を断ったのは「ダサいから」

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP