ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

人と違うことを恐れたら、終わりだと思ってる #ふたりごと

DATE:
  • ガジェット通信を≫

熱しやすくて、凝り性。ものすごくのめり込むくせに、だいたい5年で熱が冷めちゃう。

こんな繰り返しが多い私。でも、続いてるものはあるよ。Instagramもそのひとつ。とはいっても、まだ3年ちょっとだけどね。

自分を客観的に見たくてインスタを始めた

数年前に、婚約が破棄になったり、仕事上のパートナーと決別してしまったり、いろんなことが重なった時期があって。以前も少しお話ししたけれど、そこからすべてを見直そうと思って、仕事をお休みして旅に出たの。

そのときに、Instagramをセルフブランディングメディアととらえて、自分を客観的に見直してみよう! と思って本格的に始めたのがきっかけ。

私のスタイルの考え方として、「バランスよく暮らす」っていうのが根底にある。だから、衣食住+旅+アート+美容+読書…みたいに、自分の快適さのバランスをとってくれるものを発信していこう、って決めた。

でも、始めてすぐのころは、発信することに慣れてないし、何をポストしていいのかわからずに、祖父を撮ったりしてたの(笑)。

食は、見た目もバランスもどちらも大切

自分のバランスをとるために大切なのが”食”。身体に取り入れるもの、それがすべてを作ると思ってる。

身体に取り入れるものといえば、食べ物だよね。口から取り入れて私の細胞になっていって。外食でもお家で作るものにしても、見た目と栄養のバランスを大切にしてるよ。

でも、我慢はしない。食べたいものを、食べたいときに、食べたいだけ食べちゃってる(笑)。

食べ物だけでなく、目や鼻や耳から入るものも、もちろん身体に取り入れているもののひとつだと思っていて。読書もそう、きれいな景色も、美しい音楽も、ね。

唯一無二の素敵な香りと出会った

“食”のほかに私を作っているものとして “香り”がある。

香りは、記憶につながる想像力を掻き立ててくれたり、気分を上げてくれたり、リラックスできたり…私にとってなくてはならないもの。本当に大好き。

そして今年は、とっても素敵な香りに出会ったの。

原料となる植物から自分たちで栽培しているアルゼンチン発の「FUEGUIA 1833」というブランド。

調香師の愛する詩やタンゴ、文化、人物、そして大自然からインスピレーションを得て作られているフレグランスで、その時々によって、植物も、その香り自体も変化する不思議な香水。ワインのようにその年のヴィンテージで香りも値段も違う。

そして、常に新たな芳香植物や薬用植物を探して、パタゴニアや南米各地をめぐり、ほかに例を見ないような植物をも積極的に用いて、ユニークで希少性の高いエッセンスを抽出しているそう。

唯一無二のブランドアイデンティティも、ストーリーも素晴らしいよね。

私も、この香水のように、自分が取り入れるものは、マンネリ化しないように常により良いものを探し続けていきたい。人と違うことを恐れたら、終わりだと思ってるから。

久美ちゃんは、最近なにか新しい出会い、あった?

>>連載「ふたりごと」をもっと読む

■ あわせて読みたい

正直、子どもは欲しくない。でも、結婚したい。
男子は「気合い入れたデート」が正直しんどい #男子の本音
スマホの中身はいまの自分。34歳NY在住キャリアカウンセラーの場合
デート中のしぐさで男子が「正直しんどい」って思ってること
Facebookで初めての仕事依頼がきた。シリコンバレーで戦うデザイナ女子のつぶやき
コンプレックスにこそ向き合ってるよ #ふたりごと
男子は「ハロウィンにはりきり過ぎる女子」が正直しんどい

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP