体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

キリン「ファイア」の”焼き”への挑戦第2弾『ファイア シャープネスブレンド/シャープネスブラック』は「冷水重ね焼き」!

cr6_5659

キリンの缶コーヒー「ファイア」17年振りのリニューアルで3種類(微糖、スタンダード、ブラック)の新旧飲み比べを行ったが、ファイアはそれ以外のラインナップも刷新。なかでも記者が注目したのはボトルタイプの2缶。”焦がし焼き”の豆も使いつつ”冷水重ね焼き”製法を採用したんだとか。ということで出来たばかりの新商品『キリン ファイア シャープネスブレンド/シャープネスブラック』を飲んでみた!

缶コーヒー市場の中で若い世代中心に人気の高いリキャップOKなボトルタイプ

キリン社内での飲み比べ企画が終わる頃、キリンビバレッジ株式会社マーケティング本部の増田さんがバッグの中から取り出したボトル。それが『キリン ファイア シャープネスブレンド』(260g・希望小売価格 税抜130円)『キリン ファイア シャープネスブラック』(400g・希望小売価格 税抜140円)だった。どちらも2016年11月1日発売。

 

さんざん焦がし焼きについて話を聞いてきたのだが、すでにキリンはネクストステップへ足を踏み出していたよう。それがこの”冷水重ね焼き”である。

cr6_5631

「このボトルタイプは最近人気ですが、その中心となるのは若い世代です。そもそもはブラック無糖タイプで人気を得たんですが、2014年頃から20〜30代のユーザーが増加するとともに、甘いタイプのコーヒーでも人気が高まりました。そうした若い世代の特徴は、すっきり味。いわゆるイチキュー缶(※ショート缶)は一気に飲まれることが多いのですが、リキャップ可能なボトルタイプはデスクの上に置いておいて、ちびちびと飲まれるのが特徴です。もちろんコクは必要なので、焦がし焼き豆も使用しているんですが、味の中心となっているのはすっきりとしたキレ。そのために”冷水重ね焼き”という製法を取り入れました」

日本そばの乾麺を茹でる時に、沸騰して吹きこぼれそうになった時にスッと冷水を加える差し水(別名・びっくり水)というのを聞いたことがないだろうか。冷水を加えることでスッと湯面が下がり吹きこぼれなくすると同時に、食材の中と外の温度差を少なくして麺にコシを出す方法だ。

cr6_5674

「この”冷水重ね焼き”の場合は、焙煎中に熱くなったコーヒー豆に冷たい冷水を散布して急冷することによって、豆を引き締めます。するとムラなく焼き上げることができます。その作業を繰り返し行うのが、冷水重ね焼きです。これにより味わいや香りを犠牲にすることなく、後味をクリアですっきりとさせることができるのです。ボトルには以前の「挽きたて工房」で好評だった素材感を活かしたシルバーのボトルになっています」

百聞は一飲にしかず。それでは飲んでみよう。

 

『キリン ファイア シャープネスブレンド』

cr6_5658
ミルクと砂糖の入ったスタンダードタイプ。さんざんすっきりしていると聞いていた後だったが、しっかりコーヒー味がするところがうれしい。そして疲れた体にうれしいタイプのミルキーな甘さ。ちびちび飲むためのボトル缶だが、グイグイ飲みやすいプロフィールだと感じた。

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。