ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

波の力で海水から飲用水に浄化する画期的なソリューション「SAROS」を米大学が開発中

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
波力を活用した海水淡水化装置「Saros」世界自然保護基金(WWF)によると、地球の地表の約70%を水が占めているが、そのうち、淡水はわずか3%。

その結果、世界で11億人が安全な飲用水を入手できない状況におかれている。

そこで、波の力を利用し、海水から飲料水をつくりだす画期的なソリューションが、浮標型の海水淡水化装置「SAROS」だ。

・波のエネルギーで海水を飲用水に浄化するソリューション

「Saros」の海上での実証実験米ノースカロライナ大学シャーロット校の卒業生によって創設されたスタートアップ企業「SAROS Desalination」は、2013年から2年以上にわたって「SAROS」の研究開発をすすめてきた。

「SAROS」は、波の垂直の動きから得られるエネルギーでポンプを作動させ、海水を高圧で送り込み、水以外の不純物が浸透しない“逆浸透膜”で濾過することで、ウイルスやバクテリア、塩、砂を取り除き、清潔な飲用水に浄化する仕組みとなっている。

海水の淡水化に必要なエネルギーはすべて波力からまかなうため、送電系統とつながっていない“オフグリッド”な環境でも導入できるのが特徴。

電力インフラが未整備な発展途上国の離島や沿岸地域をはじめ、災害時の浄水装置としての需要を見込んでいる。

・近い将来、実用化へ!?

「SAROS Desalination」は、2016年7月、ノースカロライナ州南部の湾岸都市ウィルミントンにもオフィスを開設し、海上での「SAROS」の実証実験に本格的に着手した。

現在、2万5,000万ドル(約262万円)を目標に、クラウドファンディングサービス「インディーゴーゴー(Indiegogo)」を通じて資金調達を実施している。

SAROS Desalination

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。