ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

SMAP最後の表舞台は12月26日の『スマスマ』生放送か

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 SMAPの「ラストステージ」がようやく決定した。彼らの選択は、20年間の縁ある自身の番組だった──。会見も周年コンサートもできなかった5人のために、テレビ局が水面下で進める一大計画。来る12月26日、日本中のファンが目撃するものは果たして…。

 激動の1年に、体が悲鳴を上げていたのかもしれない。「一回出始めると止まんないのよ。これ自分でもわかんないんだわ」。10月22日、中居正広(44才)がラジオ『Some girl’SMAP』で、近頃汗が止まらないことを告白した。

「収録始まって10分ぐらいの間、猛烈にかくのよ。ぼく、そんなに汗っかきじゃないんだけど。額がもう本当にビチョビチョになってんのね。背中、首の後ろの襟足とかも、髪の毛とかもビチョビチョで。背中とかも汗だくでさ」

 中居によれば、突然の汗も、15分後には嘘のように全て引いていくのだという。

「自分に負荷をかけて生活してたからさ…」

 そう話す中居に対し、リスナーから心配の声が噴出した。

《無理もないよ…泣》
《中居クン、自律神経失調症なのかもしれない》
《精神面に原因がある気がする。リーダーとしていろいろ抱えすぎたんだろうな》

 事実、自律神経失調症の症状には動悸や不眠、倦怠感などに加え、「多汗」がある。中居は同ラジオで、最近は眠りが浅いことも告白しており、当てはまる部分は多い。

 ちなみに木村拓哉(43才)も同13日放送のラジオ『What’s UP SMAP!』で、体調不良で3日間寝込み、一部撮影をキャンセルしたことを明かしている。

 最近の『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)では、香取慎吾(39才)が木村の愛用品とお揃いのバングルで収録に臨み、中居と木村の談笑シーンが目撃されるなど、メンバー間は急速な雪解けに向かっていた。

「張り詰めた糸が一瞬緩んだというか、ふと立ち止まった時に、どっと疲れが出たのかもしれません。特に中居さんは解散後の道筋をつけるために、各所に頭を下げて回っていましたから。そりゃあ神経もすり減りますよ」(音楽関係者)

 満身創痍になりながら、メンバーは“最後の日”に向けた青写真を描き始めている。テレビ関係者が語る。

「12月26日放送の『スマスマ』が最後の表舞台になることが決まりました。20年間続き、自分たちの代名詞ともいえるレギュラー番組で、5人としての活動は幕を下ろすことになります」

 解散発表以降、盛んに報じられた大晦日のNHK『紅白歌合戦』出場だが、残念ながらSMAPはしないという。

「NHKの熱烈なオファーもあり、事務所も説得を続けていましたが、メンバーの意志は固いそうで…。NHKは今、慌ててSMAP抜きの構成を考えています。代わりにKinKi Kidsや他の大物歌手の初出場案が浮上していますが、5人が出ないという寂しさは否めません」(前出・テレビ関係者)

 逆に12月26日に向けて、フジテレビの責任は重い。

「自分たちがSMAPの最後の晴れ舞台を作るんだと、“ラストステージ”に向け、さまざまなアイディアが出されています。これまでのスマスマの名場面を振り返るコーナーはもちろん、代表曲をメドレーで披露する案があったり…。局側が今いちばん気合を入れているのは“生放送”です。一部収録になろうとも、絶対に生のコーナーを作りたいと。メンバーからファンへ、感謝の肉声を届けたい。その点にこだわってメンバーと話し合いを進めているそうです。かなり難航しているようですが、あきらめない、と」(別のテレビ関係者)

◆長兄2人を見て覚悟を決めた

 解散発表以降会見すらしていないだけに、5人もまた、自分たちの言葉を伝えたいという想いは強いという。

 来る“さようなら”放送に先駆けて、25周年の感謝を初めて口にしたのは草なぎ剛(42才)だった。ファッション雑誌『Oggi』で連載コーナーを持つ彼は、解散発表後に「自分の決断」をテーマに語ったこともあり、SMAPファンは毎号、彼の言葉に注目してきた。

「仲間とか将来とか、一般論として話していることでも、タイミング的に解散について暗喩しているのでは、と思える部分が多いんです。ファンにとって、絶対にチェックすべき連載となっています」(ファンの1人)

 草なぎは同誌の最新号(10月28日発売)で、25周年記念にスタッフからもらったシャンパンの写真をアップ。彼らしい誠実な文章を綴った。

《これはお仕事関係の方にいただいだもので、ミニサイズのシャンパンに風船で飾り付けがしてあるんだよ。かわいいよね。思いがけない贈り物に心が温まって、思わず写真を撮りました。25周年にあたっては周りやファンのみなさん、たくさんの人の“おめでとう”という声を聞いて、嬉しかった》

 同時に草なぎは、SMAPがバラエティー番組に進出した際の思い出にも触れている。アイドルが“笑われる”というケースが初めてだったこと、収録が嫌で仕方なかったことを明かした上で、それでも続けることができた理由に長兄2人の存在を挙げた。

《いちばん最初に『アイドル共和国』というバラエティ番組で中居くんと木村くんがコントみたいなことをして。それを見たときに“これでいいんだ”と腹がくくれたことを、今でもよく覚えている。覚悟が決められたというのかな。年上のメンバーがお手本を見せてくれたから、その背中を追うことができた》

 最後の音源となる「25周年記念ベストアルバム」(12月21日発売予定)は、ファン投票の結果選ばれた収録曲が11月3日に発表される。フィナーレに向かって動き出したSMAP。5人の姿を見られるのは、泣いても笑ってもあと2か月──。

※女性セブン2016年11月17日号

【関連記事】
今井雅之さん 親友・中居のカラオケ中、トイレに逃げたことも
SMAP中居正広 21才上の鶴瓶を呼び捨てにしても許されるワケ
中居正広 実家近くの寿司店のお土産寿司で父へ最後の孝行か

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP