ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

長期欠席の愛子さま 「お疲れ」レベルは他の中学生と別次元

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ぐっと気温が下がり、行き交う人々の服装に冬の気配さえ感じられた10月最後の週末。各地でハロウィンが盛り上がる中、学習院女子中等科で文化祭『八重桜祭』が開催された。

 花をあしらったプラカードが飾りつけられた校門を、保護者や受験を控えた家族連れが続々とくぐっていく。各クラスの出し物や学習発表の展示に人の輪ができ、あちこちで楽しそうな笑い声が響いていた――しかし、年に1度のお祭りの日に、愛子さまのお姿はなかった。

「10月上旬の体育祭に続き、愛子さまは文化祭も欠席されました。これで、9月26日から始まった長期欠席は1か月以上に及びます。最近は、一時期細くなっていた食も戻られ、体調もかなり快復されてきています。お部屋で本や教科書を開かれたり、お庭に出て少し散歩されることもあるそうです」(皇室記者)

 お休み中、体調が悪くても愛子さまは学校とクラスメートに思いを馳せられていた。

「愛子さまは東宮御所の中でクラスの出し物の景品作りをされていたそうです。文化祭は、体育祭などと並んで大きな学校行事の1つ。特に今年は中等科最後の文化祭でしたから、何かしら協力したいというお気持ちも強かったのでしょう」(学習院関係者)

 愛子さまのクラスの出し物は、『雅女』(みやびじょ)というタイトルで、迷路とクイズを組み合わせた「体と頭」で楽しめる内容。迷路の途中で出題されるクイズに答えながら、マネキンの頭にのせた毛糸で「三つ編みを作る」などといったチャレンジも。7つの関門に挑戦し、獲得した得点によって景品がもらえるというものだった。

「景品には、細い毛糸にビーズを通して作ったミサンガや千代紙で彩られたマグネット、シュシュなど、女性が“かわいい!”と思わず手に取りたくなるようなものばかり。景品は、生徒たちが手作りしたものでした。愛子さまも、本番当日を思いながら、お休み中に景品作りをされたそうです」(前出・学習院関係者)

◆「あくびもできない。顔もかけない」

 少しずつ、ご快復の様子が漏れ伝わってきた愛子さま。

「夏休みが明けて以降、体育祭、テスト、文化祭とイベントが続きましたが、ここで一段落。通常の授業に戻るタイミングでもあり、愛子さまの登校再開もご様子を見ながら検討されているといいます」(前出・皇室記者)

 しかし、長期欠席に至った原因だけは隠され続けている。

「宮内庁側は欠席の理由をあくまで『お疲れ』によるものだと一貫して説明し、詳細を明かしてきませんでした。その間に、『交友関係の問題』や『摂食障害』などさまざまな噂が飛び交いました」(前出・皇室記者)

 真相はなんなのか。ある宮内庁関係者が愛子さまの未来を憂い、本誌・女性セブンにだけ重い口を開いた。

「愛子さまの欠席の理由は、お母さまの雅子さまと同じなんです。つまり、皇族としての世間からの注目度の高さに、ショックを受けてしまわれたのです」

 今夏、愛子さまは皇太子ご夫妻の公務に同行され、式典に参列されるなど、それまでに増して人々の眼前にお出ましになる機会が多かった。凜とされたそのお姿に「皇族としてのご自覚の強さ」を感じたという報道も少なくなかった。

「天皇陛下の生前退位報道、それに続くお気持ち表明を受けて、愛子さまは新たに、“14才の内親王”が皇室のためにできることを精一杯お務めになりました。もちろん、以前からご自分が皇族、さらには皇太子の娘であることは自覚されていますし、多くの人の視線を一身に浴びることになることはおわかりになられていたと思います。

 しかし、実際に多くのお出ましを経験される中で、そのプレッシャーは予想以上に重かったのではないでしょうか。砕けた言い方をしてしまえば、周囲の目がある時はあくびもできなければ顔がかゆいからとポリポリかけない。一瞬たりとも気を抜けず、笑顔を崩すこともできないのです」(前出・宮内庁関係者)

 民間から皇室に嫁がれた雅子さまにも、プリンセスフィーバーの怒濤の波が押し寄せた。皇太子妃になることの現実は、予想だにしないほどハードルの高いものだった。それと同様のことが、愛子さまを襲ったのだ。

「中学生が“お疲れ”を理由に長く休むのはおかしい、という意見もあったと聞きます。ですが日本全国を見て、愛子さまのお立場にある中学生は、愛子さまご本人しかいらっしゃいません。“お疲れ”も、他の中学生が経験するものとは別次元だと理解すべきでしょう」(前出・宮内庁関係者)

 愛子さまが一日も早く笑顔を取り戻されることを願ってやまない。

撮影■雑誌協会代表取材

※女性セブン2016年11月17日号

【関連記事】
愛子さま 佳子さまのような格好したいと主張も雅子さまが反対
不規則登校だった愛子さま 2月の休みは1度だけで元気に登校
愛子さまが夜中までLINE お友達は「スルーできない」と悩む

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP