ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

今オフFAの目玉は糸井と陽岱鋼 阪神、巨人らで争奪戦

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 いよいよ本番のストーブリーグ。FA市場で目玉になりそうなのが、今季3割6厘、17本塁打、70打点という成績で復活を果たしたオリックス・糸井嘉男(35)だ。FA権獲得となる今シーズンは目の色が違っていたという。

「糸井は今季53盗塁で、初めての盗塁王を史上最年長で獲得しました。この活躍を見たら、機動力を重視する阪神の金本知憲・監督は是が非でも欲しいはずです。オリックスは糸井のFA移籍を何とか思いとどまらせようと4年18億円の条件を用意しているようですが、“打てない、走れない”で苦しんだ阪神も同等の4年契約を提示し、金本監督が直々に説得に乗り出すと見られています」(在阪スポーツ紙記者)

 糸井は京都出身で、近畿大からドラフト自由獲得枠で2004年に日ハム入り。2012年オフにはポスティングでメジャー移籍を模索するも叶わず、オリックスにトレードされた経歴の持ち主だ。「もともと関西に愛着があるし、ヒザに古傷があるので人工芝より天然芝の甲子園でのプレーを希望している」(同前)とみられてきたが、そこを札束攻勢でひっくり返そうというのが、巨人の目論見のようである。

「外野のレギュラーが長野しか固まっていない巨人としては、糸井もしくは日ハムの優勝に貢献した陽岱鋼(29)のどちらかは最低でも獲りたいと考えている。日ハムはFA権を行使しての残留を原則認めていないので、陽が宣言すれば、阪神、楽天、ソフトバンクなども含めての熾烈な争奪戦になるのは必至です」(別の球団関係者)

撮影■山崎力夫

※週刊ポスト2016年11月11日号

【関連記事】
オリックス 他球団のリストラ選手寄せ集めで快進撃続く裏側
球界自主トレ最大派閥「糸井ファミリー+熱男グループ」
ドラフト目玉の創価大・田中正義 日ハムとの信頼関係

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP