ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『シンデレラと4人の騎士』で共演3人の韓国俳優座談会

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 CS放送のスカパー!や全国のCATVなどの『衛星劇場』にて、12月22日23時より放送開始(11月8日23時から第1・2話を先行放送)となる韓国のドラマ『シンデレラと4人の騎士〈ナイト〉』。この作品で、険悪な関係の財閥3世のいとこ同士を演じているアン・ジェヒョン、チョン・イル、イ・ジョンシンの3人に話を聞いた。

──共演して初めて知った、それぞれの意外な一面は?

ジェヒョン:2人とも最初のイメージと大きく違ったということはありませんでした。イルはトップスターで素敵な人。温かみがあって繊細で面倒見もいいので、さすが10年以上愛されている俳優なんだなと思いました。ジョンシンは、歌手として有名だったので、会う前から好奇心が大きかったのですが、会ってみるとすごくピュアで、彼が笑うとこちらも嬉しくなるし、温かくなる人です。

イル:ジェヒョンはちょっと神秘的に見えるでしょ? 人というよりは妖精みたい(笑い)。冷たくも見えるから、エルフだと思いました。本当はとても繊細で、ジェヒョンみたいな人をツンデレっていうのかな。ジョンシンはマンネ(末っ子)タイプ。いつも笑っていて明るいんです。ジョンシンとはたくさんお酒を飲みました。ソメッ(焼酎とビールを混ぜて飲む飲み方)やワイン、(ウイスキーの)山崎はロックで飲みました。

ジョンシン:ジェヒョン兄さんはモデルのイメージだと冷たそうだったのですが、実際はとても繊細で柔らかいかたでした。いちばんイメージを裏切られたかも(笑い)。兄さんは周囲の人を気楽にさせる能力があります。イル兄さんからは、演技についていちばん教えてもらいました。このドラマは事前収録だったので、本放送中にお互いSNSで、『イル兄さん、今どこ? ぼくはどこどこにいるよ~』と、撮影が終わってもよく連絡していました。

ジェヒョン:ぼくは(新婚なので)家にしかいないので…(一同爆笑)。

ジョンシン:ジェヒョン兄さんは(結婚生活が)忙しいってわかってるので(連絡しませんでした/笑い)。

【プロフィール】
アン・ジェヒョン/1987年7月1日生まれ、ソウル市出身、身長186cm、A型。2009年にモデルデビュー、ドラマ『星から来たあなた』でヒロインの弟役を演じ人気を博す。2015年『ディア・ブラッド』で共演した女優のク・へソン(31)と今年5月に結婚。

チョン・イル/1987年9月9日生まれ、ソウル市出身、身長184ccm、O型。2006年にデビュー、ドラマ『太陽を抱く月』『夜警日誌』などに出演。11月26日には、「チョン・イル 10 周年記念クルージングパーティ~10thank you~ 2016」が横浜で行われる。

イ・ジョンシン/1991年9月15日生まれ、京畿道高陽(キョンギドコヤン)市出身、身長187cm、A型。人気4人組バンド・CNBLUEのベース、ラップ担当。2012年ドラマ『いとしのソヨン』で俳優デビュー、ドラマ版『猟奇的な彼女』(時代劇)に出演予定。

※女性セブン2016年11月10日号

【関連記事】
兵役カウントダウンとなる1986年~1989年生まれの韓流スター名簿
「超新星」のユナク「撮影に向けSK-IIでお手入れ中」と告白
チェ・スンヒョン 上野樹里からのサプライズケーキに大喜び

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。