ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「予告なく病院が閉鎖」医師免許なきオーナーの暴挙!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 女性セブンのアラ還名物記者“オバ記者”こと野原広子、世の中の理不尽に物申す! 今回は、病院に関するお話です。

 * * *
 病院が何の予告もなく閉じる。そんな体験をした。「私がここで患者さんを診るのは、今日で最後なんです」──。気まずそうな女医の言葉の意味がすぐに理解できなかった私も、事情がわかるにつれて、「ンなバカな!」と大きな声を出していた。

 この春、引っ越しをした私は、近所のかかりつけ病院を探していた。55才を過ぎたころから朝、心臓に叩き起こされるようになり、あわてて血圧を測ると180/100。

 最近は心臓のあたりに筋肉痛のような痛みもある。いよいよ覚悟を決めて、高血圧の薬をのんだほうがいいかも…。

 で、重い腰をやっとあげて、駅の近くのごく一般的なクリニックに目星をつけた。ひと月前のことだ。ドアを開けると、受付嬢も、年輩の看護師さんも感じがいい。そして何より院長であるM女医がいい。

 40がらみで美人。スパスパと物を言うのも医者らしいし、「血圧のデータがない人に、降圧剤は処方できません」という生真面目さを見せつつ、「私は失敗しませんので。エヘッ」と首をすくめたりする。「じゃあ、次の診察までにすることを整理してみようか」と、ざっくばらんさも気に入った。

 その半月後が冒頭のシーンよ。「ぶっちゃけた話をすると、ここのオーナーが一昨日の深夜、『病院を閉鎖するので、診察は明後日までにしてください』とメールしてきて、私は解雇らしいの」と言う。

 聞けば、医師免許がなくても病院は開業できて、この病院も経営コンサルタントがオーナーだそう。

「患者数? それなりにはね。でもまあ、薬の処方とか医師としてできることとできないことがあるのよ」

 そういえば、M医師は初診の私に、降圧剤を処方しなかった。それが正しいのかどうかはわからない。だけどよ。

「突然、閉めたら困る患者さんもいるじゃない?」と言うと、「それなの!」とM医師は語気を強めた。

「仮にもここは人様の命を預かる病院よ。経営不振で病院を閉めるのは仕方ないけど、こんなひどいやり方はないですよ。『患者さんのカルテは?』と聞くと、『こちらで対応します』って、不入りのスナックを閉店するかのようなあっさりした口ぶりなの」

 いや、スナックだって客のボトルを残したまま、閉店はしないだろうに。

 こうなると、医師と患者ではない。気の合う女同士だ。ひとしきり話した後でM医師は、「でね。私の目から見て、ここはいいと思う」と、あらかじめ用意していた私の次の病院候補と、1回分のカルテを「次の先生に見せてね」と渡してくれた。

 あれから1週間たつけれど、病院のサイトには、閉鎖の「へ」の字もなく、休診だらけの「お知らせ」のみ。こんな輩(やから)に、「職業的良心ってもんがないのかい」と叫んでみても「最初からない」と返り討ちにあうのがオチ。ああ、イヤな渡世だな~。

※女性セブン2016年11月10日号

【関連記事】
モンスター患者「ゴルフに行くから朝7時から診療してくれ」
説明もなく何種類もの薬を出す病院は信用して大丈夫なのか
別の病院への紹介状を依頼して嫌がる医師は失格との評

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP