ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【I LOVE アフリカ大陸】コロッセオはイタリア以外にも存在 / チュニジアの世界遺産コロッセオに行ってみた

DATE:
  • ガジェット通信を≫

コロッセオといえば、イタリアのローマ帝国の繁栄を象徴する建造物ですが、コロッセオはイタリアにだけ存在するものではないのです。実は、紀元前から続くローマ帝国の歴史のなかで、チュニジアにもコロッセオを築いていたのです。

・アフリカ大陸にコロッセオ
チュニジアのコロッセオはエムジェムの街に存在し、イタリアほどではありませんが世界中から観光客が訪れています。イタリアより観光客が少ないのには理由があります。ここにコロッセオがあることを知らない人が多いのです。コロッセオ=イタリアまたはローマというイメージがあるため、まさかアフリカ大陸に「ほぼ同様のコロッセオ」があるなんて思わないのでしょう。

・建築物の保存の良さが上
しかもこのコロッセオ、イタリアのそれに勝るとも劣らない貴重な存在なのです。なぜならば、イタリアのものより、チュニジアのコロッセオのほうが保存状態が良く、より当時の姿に近い状態に保たれているのです。それには気候が関係しています。カラッとしてて高温のチュニジアのほうが、建築物の保存の良さが上なのです。

・ローマ帝国の歴史を深くひも解こう
ちなみに、正式名称はアンフィテアトルムといいます。ですが、ほとんどの人がコロッセオと呼んで親しまれているのが現状です。イタリアのコロッセオも素晴らしいものですが、もしローマ帝国の歴史を深くひも解いてみたいのなら、チュニジアのコロッセオにも行ってみるべきでしょう。

もっと詳しく読む: コロッセオはイタリア以外にも存在 / チュニジアのコロッセオに行ってみた(Photrip フォトリップ) http://photrip-guide.com/2016/11/02/thysdrus-tunisia/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Photrip フォトリップの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP