ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世界的に人気のステーキハウスが11月10日に日本初上陸

DATE:
  • ガジェット通信を≫


肉好き女子が心待ちにするカリフォルニア発、高級ステーキハウスがいよいよ日本初上陸。世界的な人気店のステーキ肉のおいしさを、思い存分堪能しよう!

11月10日(木)に東京・汐留シティセンターにオープンするのは高級ステーキハウス「アレクサンダーズ ステーキハウス」。2011年から3年連続ミシュラン一つ星を受賞、他にも数々の受賞歴がある話題の店だ。

提供するのは盛りつけやプレゼンまで趣向が凝らされ、厳選した最高級品質の食材のおいしさを最大限生かしたメニューの数々。日本限定メニューや、季節に合わせたメニューも随時展開される予定。

ステーキに使われる肉は、アメリカのプレミアムブランド牛「グレーターオマハ」や「クリークストーン」などを空輸。国内最大規模の熟成庫にてオリジナルの熟成プログラムを経た名物メニュー「28日熟成肉」のステーキも堪能できる。

熟成グレーターオマハの「30日熟成 骨付きニューヨークステーキ」(1万円)をはじめ、「A5ランク 北海道牛」(1万6000円)、アメリカ産牛の「アンガスビーフ プライムリブ」(3800円)まで、銘柄・部位によって値段も幅広く取りそろえる。

サイドメニューには目先を変えたおしゃれな演出で味わう「ハマチショット」(1P400円)や、北海道産の牡蠣にワサビ&抹茶クリームを添えた「北海道オイスター」(1P800円)。


「アレクサンダーズ ステーキハウス」のもう一つの特長である、常時約500種類を取りそろえたワインも肉とともに味わいたい。セレクトはカリフォルニアワインが中心で、国内で数本しか手に入らない希少なワインや「カルトワイン」まで注文することができる。

オープンに先がけて行われるプレオープンは11月1日(火)~11月5日(土)、11月9日(水)。WEBサイトにて予約を受け付けている。


ラグジュアリーな空間とこだわりのステーキを楽しめる「アレクサンダーズ ステーキハウス」を、特別な日やお取引先のもてなしに利用してみてはいかが?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。