ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

11月20日まで開催!泊まりで行きたい「KENPOKU ART 2016茨城県北芸術祭」のアートが素敵すぎ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

こんにちは!じゃらんのライター鈴木です。

今回私がオススメしたい旅先、それはこの秋最もアツい「茨城県」。

茨城県の県北地域では今、秋といえばの「芸術祭」が行われているのです。

アートが好きでたまらない人、カメラ好きな人はもちろん、これまで茨城県に行くキッカケが無かった読者のみなさんに、芸術祭の様子と「じゃらん」ならではのお得な宿泊情報を紹介したいと思います。

広大なエリアで開催される現代アートの祭典

「KENPOKU ART 2016 茨城県北芸術祭」は、なんと東京23区の2.6倍もの広さを持つ、日本最大級のエリアで行われる国際芸術祭。11月20日(日)までの期間、チームラボなど、17の国と地域から迎える85組のアーティストが約100もの作品を展示しています。

開催エリアである茨城県北地域の6市町(日立市、高萩市、北茨城市、常陸太田市、常陸大宮市、大子町)は海側・山側を網羅。広大な地域がアートによって彩られる姿は、今しか見ることが出来ません。

1日では回りきれない!じゅうぶんな時間を使って楽しむべき芸術旅

芸術祭の玄関口「日立駅」は、世界的建築家・妹島和世が監修したもの。今だけレインボー/回廊の中で:この場所のための4つの虹-KENPOKU ART 2016のために(c)DB-ADAGP Paris”2016”ダニエル・ビュレン

高戸海岸に突然、空が落ちてきました/落ちてきた空1995/2016イリヤ&エミリア・カバコフ

殻の中から人の手が!?こんな写真、撮りたくなるでしょ?/ソウル・シェルター 2016スッシリー・プイオック

しゃぼんの膜に映像を映すために、最先端の科学技術を応用/コロイドディスプレイ2012/2016落合陽一

約6千枚の極薄のフィルムをつかったアート/杜の蜃気楼2016森山茜

芸術祭の玄関口「日立駅」から始まり、海側、山側とこんな素敵なアートが地域一帯に広がっているんですね。

公式ホームページで公開されていますが、この芸術祭にかかわる様々な人達に向けた質問の中から「この芸術祭を楽しむために何を持っていくか?」という問い。この問いに対して「時間」という回答が印象に残りました。都内のようにインフラが充実しているわけもなく、移動にはどうしても時間がかかります。また、「時間を気にせず余裕のある気持ちでアートに触れてほしい」そんな想いもあるようです。

県北エリアには紅葉スポットも充実。アートを巡りつつ絶景も楽しめる、1泊2日の旅をじっくり楽しんでほしいですね。

茨城県北エリアの宿泊が最大で15000円オフになる、お得なクーポンはここから取得

アートに触れながら、気づくと自然に癒されている旅を

アートを巡っていて出会ったイキイキとしたグリーンの苔たち

実際に芸術祭へ行った人の中には、「アートを見に行ったら自然を感じて帰ってきた」という感想も。当たり前にあるからこそ気づきにくい県北の自然や地域の魅力を、アートを通して気づかせてくれるのですね。風光明媚な海岸の風景や素朴な佇まいの里山、ミネラル豊富な温泉、そして旅の一番の醍醐味である地域の方々との出会い。そんな出会いと発見に満ちた旅が、茨城県で味わうことができます。

アートを見て、どんな考えや感想を抱くかもみんなそれぞれ。一人旅もいいけど、仲間と一緒に旅をすれば十人十色の感性から会話も盛り上がるかも。11月20日(日)までのあとわずかな期間、少しでも興味を持ってもらえたら、カメラを持って茨城県に足を運んでみてくださいね。

宿泊料金が最大半額になるクーポンも♪

茨城県県北地域の宿・ホテルの宿泊予約に使えるクーポンを発行しています。宿泊人数により2500円~1万5000円分のクーポンが選べ、なんと宿泊料金が最大で半額になる場合も。詳しくはクーポン利用上の注意点をご確認ください。

残念ながら茨城県内にお住いの方は利用不可なのですが、県外から遊びに来る方にとってはとてもお得な内容。ぜひチェックしてくださいね。

■SETP1:

まずはクーポンを取得。4つのクーポンから1つを選んでください

4つのクーポンはこちら

■SETP2:

クーポン取得後、茨城県県北エリア内の「県北芸術祭パスポート付」を含む宿泊プランのある宿から予約を行ってください

県北芸術祭パスポート付の宿はこちら

ちなみに、クーポン獲得期間は11月20日(日)まで。

宿泊期間は、11月21日(月)チェックアウトまでです。クーポンは先着順なので、早めの取得をおすすめします。

最後に

いかがでしたか?一見ギョッとするようなアートや、最先端技術を駆使したアートが楽しめるこの芸術祭。たっぷりな時間と心の余裕をもって参加するのが芸術祭を楽しむコツなようです。この秋は旅をしながらアートに触れる、茨城県北芸術祭を楽しんでみてはいかがでしょう。

※この記事は2016年10月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

雨の日もアクティブにおでかけ!今回は金沢エリアの雨の日でも楽しめるおすすめスポット20選!
雨の日もアクティブにおでかけ!今回は箱根エリアの雨の日でも楽しめるおすすめスポット20選!
雨の日もアクティブにおでかけ!今回は横浜エリアの雨の日でも楽しめるおすすめスポット20選!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP