体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アジアとヨーロッパが調和する!マカオの世界遺産の見どころ紹介と一覧地図まとめ

アジアとヨーロッパが調和する!マカオの世界遺産の見どころ紹介と一覧地図まとめ
Photo credit: tabitabi parsley「2011.3 ちょこっとマカオ」

Photo credit: tabitabi parsley「2011.3 ちょこっとマカオ」

こんにちは。Compathy Magazineの川島です。
香港の隣に位置するマカオは、かつてポルトガルに統治されていた地域。そのためマカオでは、中国とポルトガルのという2つの文化が混ざり合い、独特の雰囲気を感じることができるエリアとして注目されています。
小さな島であるマカオですが、実は8つの広場と22個の建造物が世界遺産に登録され、多くの人が訪れる人気の観光地。今回は、マカオにあるそれぞれの世界遺産の見どころについて紹介します。マカオの世界遺産について事前に把握して、マカオ観光を満喫しましょう!

徒歩やバス・タクシーだけで回れる!マカオの世界遺産の数と見どころを紹介

なぜ多い?マカオの世界遺産が30個もある理由

16世紀半ば、当時世界各地に勢力を展開していたポルトガルは、アジア圏への貿易拡大と布教活動の拠点をマカオに置きました。そこから中国に返還される1999年までの間ポルトガルに統治されていたマカオは、ポルトガルと中国の文化が混ざり合った街並みが広がっています。
また第二次世界大戦中、マカオは中立港の立場を貫いたため戦火にさらされることがなく、街にはポルトガル統治時代の建物などが現在も残っています。なかでも多くの歴史的建造物が残るマカオ歴史地区は、2005年に地区内30ヵ所の建物と広場がユネスコ世界遺産へ登録されました。
マカオ歴史地区内の世界遺産は小さなエリアの中に密集しているので、バスとタクシーと健脚を駆使して上手に回れば、数時間での制覇も可能ですよ。

ポルトガルの影響を受けた建築物

マカオに移り住んだポルトガル人たちは、遠い故郷の雰囲気を再現した街づくりを開始しました。小さなタイルを敷いた道や、その周辺に築かれたゴシック様式の建物や鮮やかな色使いの邸宅からは、アジアにいながらヨーロッパの雰囲気を感じることができます。

教会と寺院が共存?2つの文化が入り交じる空間

長くポルトガルに統治されていたマカオでは、ポルトガルと中国の文化が深く混ざり合うエリア。街の中には、教会と寺院が存在したり、ヨーロッパらしい石畳の道に漢字の看板が点在していたりといった独特の風景は、不思議さと新鮮さを感じます。
このように全く違ったテイストの建築様式・宗教が、互いにリスペクトし共存している点がマカオの街の特徴であり、魅力であると言えますね。

マカオの世界遺産30まとめ

1.媽閣廟(マーコウミュウ)

Photo credit: Maki Ito「マカオで世界遺産巡り☆何個見れるかな?」

Photo credit: Maki Ito「マカオで世界遺産巡り☆何個見れるかな?」

航海の守護神などが祭られているマカオ最古の寺院。中国明朝スタイルの廟(びょう)の建立は、ポルトガルの植民地になる以前の1488年頃とされています。
ポルトガル人にここはどこかと尋ねられた地元の漁民が、マーコウと答えたことからこの地がマカオと呼ばれるようになったとの説もあるのだとか。媽閣廟は、ポルトガル統治前のマカオの様子をみることができるスポットですね。

媽閣廟(マーコウミュウ)
住所:Rua de Barre, Macau
営業時間:7:00〜18:00

 

2.バラ広場

Photo credit: Kazunori Inoue「Macauへの旅」

Photo credit: Kazunori Inoue「Macauへの旅」

媽閣廟前地に位置する広場で、かつてあたり一帯いバラが咲いてたことからこの名前が付けられたと言われています。広場にはポルトガル式の石畳が敷かれており、中国風の媽閣廟とコントラストが絶妙な美しさですね。
またバラ広場は海辺に位置しており、海や対岸の中国本土の市街を望むことができます。晴れた日は、ぜひこちらの景色もチェックしてみましょう!

バラ広場
住所:Largo do Pagode da Barra, Macau

 

3.港務局大樓

Photo credit:  Cheong Hei Chon Francisco (Public domain) from wikimedia commons

Photo credit: Cheong Hei Chon Francisco (Public domain) from wikimedia commons

1874年完成当時は、マカオの警察部隊を補強するために、インドから派遣されたムーア人兵士の宿舎として使われていました。白とクリーム色が目を惹く建物は、イスラムのムガール帝国の新古典建築様式を採用しており、その独特の雰囲気が多くの人を惹きつけます。
現在は供水サービスを展開する海事水務局のオフィスとして使用されており、観光客は回廊のみが見学可能です。

港務局大樓
住所:Calada da Barra, Macau
営業時間:9:00〜18:00

 

4.リラウ広場

Photo credit: English: Abasaa日本語: あばさー (Own work) [Public domain], via Wikimedia Commons
1 2 3次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。