ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

その場所にいるような臨場感! 今話題の「VR」を体験できるコンテンツ3選

  • ガジェット通信を≫

バーチャル・リアリティ(Virtual Reality、略してVR)はご存知でしょうか? 日本語では「仮想現実」や「人工現実感」と訳され、CGとサウンドによってリアルな仮想空間を創り出す技術のことをいいます。映画の「マトリックス」や「サマーウォーズ」でもVRの世界観が使われ話題を呼びました。それが今や、日本では色々な場面でVRが活用されています。

そこで今回は、このVRの仕組み実用例をご紹介します!

VRはどのような仕組みで創り出されているの?

1990年代に最初にVRを活用したゲーム機器が発売されて以来、約20年が経ち、今やVR技術は次々と進化し始めています。

VRを体験するには「ヘッドマウントディスプレイ」というヘッドセットがあるのですが、こちらをまずは装着する必要があります。ヘッドマウントディスプレイの内部にはセンサーが搭載されています。頭が上下左右に動くたびに、映像が頭の動きに沿って追従するような仕組みになっています。

映像を見るだけでなく、ヘッドセットを付けることでVRの世界に完全に入ることができるのです。

「このようなデバイスは企業でないと購入できないの?」と思われるかもしれませんが、個人でも購入ができます。VRが体験できるコンテンツもインターネットで手軽にダウンロードし、楽しむことができるのです。

これがVRの技術!臨場感あふれるコンテンツをご紹介

では、VRの技術はどのように活用されているのか実際に見てみましょう!今回は「ジェットコースター」「ハワイ」「マンションのモデルルーム」の3つのVR体験ができるコンテンツをご紹介します。

VRの中でも種類が多いのが「ジェットコースター」です。こちらの動画は、都内をジェットコースターで疾走しているかのような体験ができる、迫力あるコンテンツとなっています。東京の街並みも綺麗に再現されていますね。

こちらはハワイのアラモアナヨットハーバーのサンセットです。YouTubeの動画になりますが、画面の左上のボタンを操作するだけで、360度ハワイのサンセットを体験できます。実際にVRは大手旅行会社でも取り入れられており、ハワイの疑似体験をすることができるのです。この映像でも、先ほどご紹介した「ヘッドマウントディスプレイ」で見たら、本当にハワイにいるかのような体験ができますね。

こちらはマンションのモデルルームのVRになります。なんと、最近ではマイホームを検討する際にもVRが活用されています。特に新居が建つ前は、マイホームがイメージできるのは図面だけなので、私たちにはどんな建物になるのかがイメージしにくいものです。そこでこのようなVRがあれば、マイホームがどのような建物になるのかイメージしやすくなりますね。

ご紹介したように、VRはエンターテイメント以外でも旅行や不動産など、様々な業界で活用されています。さらに今後VRが活用される場面が増えれば、私たちの生活も豊かになっていくことでしょう。

皆さんも機会がありましたら、ぜひVRを体験してみてはいかがでしょうか。

関連記事リンク(外部サイト)

脳波で好みの女性を特定!VRで近未来の恋愛SLGを体感
トラウマから脱却するためにあなたができる《3つの方法》
レーザーとはどう違う?水流を使った脂肪吸引、「ボディジェット」の費用・効果は

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP