ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

“東京をエディット”する期間限定の本屋って?

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVEで放送中の番組「POP UP!」(ナビゲーター:岡田マリア)のワンコーナー「PIN UP」。11月1日(火)のオンエアでは、1日から銀座ソニービルにオープンした、5ヶ月限定の「本屋EDIT TOKYO」を紹介しました。

「本屋EDIT TOKYO」は、ブックコーディネーター内沼晋太郎さんと、博報堂ケトルが共同経営する「本屋B&B」(下北沢)の新店舗として、銀座に誕生した店舗です。「本屋B&B」のオープンから4年、既に下北沢の情報発信地として大きな存在になっていますが、そこで蓄積された経験を、ギュッと凝縮しています。

「本屋EDIT TOKYO」店長の生江秀さんにお話を伺いました。

「特徴は、“東京を編集する”をテーマに、東京23区の本を500冊ほどセレクトしたコーナーです。例えば、渋谷区を舞台にした小説や、ライブハウスの本などをセレクトしています。改めて23区と向き合うことで、東京の面白さや奥深さ、普段自分が住んでいる区にも物語があることに気付かされます。新しい発見を選書で見つけてもらえたらと思います」(生江さん)

中でも生江さんのおすすめは、『建築探偵術入門』(東京建築探偵団:文春文庫)。発売は1986年ですが、幻の名著と呼ばれ、多くの要望を受けて2年前に復刊されました。また、港区のカテゴリーからは『楡家の人びと』(新潮社)も。北杜夫による長編小説で、100年前の表参道、青山を舞台に、震災、戦争と東京がどう向き合ってきたのか、病院を営む楡家の人生を通して描いた本です。

さらに「本屋EDIT TOKYO」は、「100人の編集者と100回のイベントをする!」ことも目玉にしています。お店は5ヵ月間の期間限定ですが、その平日の営業日を数えると、ちょうど100日! この縁起の良い数字に乗って、100回のイベントをお祭り気分で開催するそうです。詳しい情報はホームページでチェック! 「本屋EDIT TOKYO」は銀座駅からすぐのソニービル6階にあります。ぜひ立ち寄ってみてください。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「POP UP!」
放送日時:月・火・水・木曜 9時−11時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/popup/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP